梅干しで、足の痛みが消えてよく眠れた | 自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

自然治癒力を高める気功生活とヒーリング

癌や難病。現代医療に見放された方が最後に行きつくのが気功、ヒーリングです。
医者から治らない、治療法がないと言われても、自分自身の生命力を高めることが出来れば元気になります。

原因不明の症状も医療気功なら諦めなくて大丈夫!

こんにちは、とおん気功院の嶋田なおです。



母が今朝自慢気に話しだしたことは

 

昨日は足がつって目が覚めたけど、夜中に梅干しを食べたら、不思議と痛みが消えて眠れたです。

じつは、寒くなってから、夜中に足がつることが増えてたので、気功や整体をしていたんですよ。

 

でも昨日は外で半日、組合の餅つきに参加して、冷えちゃったんですよね。

 

 

 

ところで・・・

 

どうして冬は足がつりやすいのでしょうか?

 

足がつる時を妄想してみると

・久しぶりに沢山運転した時
・急に冷え込んだ朝方
・疲れがたまっている時

冬に足がつりやすい原因の一つは「冷え」が影響しているようです。

 

冷えて、ふくらはぎの筋肉が固まって、血流が滞りつりやすくなってしまうんですよね。

寝ている間でも、心臓っていつでも動いているし、筋肉も体温をキープしてくれているんですけど、冬の深夜や朝方の冷え込みが、過激に反応しちゃうんですよね。
 

【水分代謝とミネラルのアンバランス】


・気血水


東洋医学の考えでは、気・血・水の3つで人の身体が構成されていますよね。

気は生命エネルギー、血は血液、そして、水は血液以外の水です。
この水が、身体の「うるおい」を守って、筋肉の働き易い環境を作っているんですよね。


・電解質異常で足がつる


足がつる原因には、病気などの直接的な原因がない場合、有力な要因の1つが「電解質異常」があります。

 

電解質とは、主にカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど血液中にあるミネラルイオンのこと。

 

これらのミネラルは、筋肉や神経の動きを調整しているので、なんらかの原因でミネラルバランスが乱れると、筋肉の異常興奮(痙攣)が起こるのではないかと推測されています。

 

私たちが日常生活で必要とするミネラルは、いずれもごく少量ですが、それだけにちょっとしたことでミネラルバランスの乱れが生じます。

 

睡眠中にも、コップ1杯~2杯程度の汗をかきます。

 

また、治療などで利尿薬を使っていたり、消化不良で下痢が続いたりすると、軽い脱水状態になることもあります。

 

中高年の場合、汗や尿と一緒にミネラルも排出されやすいので、気づかないうちにミネラルバランスを乱していることが多いのです。

 

 

というわけで、水分のバランスに変化を作ってくれる、天日に干された梅干しの、エネルギーがバランスを整えてくれたんですよね!

 


最後までお付合いありがとうございます(*´ω`*)

がん難病に遠隔医療気功 とおん気功院の嶋田なおでした。

 

とおん気功院

☆営業時間 11時~19時
☆定休日  日曜日
☆住所  東京都板橋区徳丸3-3-12-102
☆電話  03-6906-4128  
☆携帯  080-12772829  


【 施術リストお問合せ気功体験ホームページ 】