兵庫県芦屋市・養生気功教室

兵庫県芦屋市・養生気功教室

兵庫県芦屋市で養生のための気功教室を開催しています。週一回金曜日15:30~17:00結城カルチャーセンター(JR芦屋駅前のラ・ポルテ本館4階)にて。

気功を始めて20年以上の月日がたちました。



気功を始めたきっかけは、成人アトピーになったこと。


子どもの頃からアトピーの因子は持っていたのですが、

第2子を出産後、アトピーが悪化して大変なことにあせる


ステロイドに頼らず、自分で何とかしたいと気功を始めました。


そんな体験から、健康であることのありがたさが身に染みています。

だから私の教室は、自分の心身の健康を保つための養生気功です。


ご興味を持たれた方は、ぜひ一度体験に来てください音譜


 

結城カルチャーセンター 芦屋教室 らくらく気功

金曜日15:30~17:00

http://www.yuuki.co.jp/health.files/health.htm


初回無料体験ありヽ(゚◇゚ )ノ





現在、参加者募集中の他の教室


東淀川区民会館 月曜日 15:15~16:45

https://www.kyoiku-shinko.jp/higashiyodogawa/


コープ宝塚集会室 火曜日15:00~16:30

http://www.kobe.coop.or.jp/sports/


個人レッスンもやってます(=⌒▽⌒=)





長かった梅雨雨が終り、やっと夏晴れが来た!と思ったとたん、もう立秋もみじ

 

本日、二十四節気導養生法、立秋縮身拱背式の導引術練功会を,行いました。

 

 

立秋は8月7日前後から8月22日前後まで、秋季最初の節気です。

 

立秋と言われても夏真っ盛りで、秋の気配は感じられませんが、湿気の多い蒸し暑い大暑から、晴れた日が続くことで段々に空気が乾燥し

ていく立秋。

 

昼(陽)の時間が減少し夜(陰)の時間が増えることで、昼間の酷暑は続くけれど、少しづつ夜の気温が下がります。

 

自然は陰陽のバランスを取りながら、一年を繰り返しています。

 

私たちの身体も自然の影響を受け、季節による変化を繰り返しています。

 

中医学で六因と言われる風・寒・暑・湿・燥・・熱の自然からの影響を最小限にし、自然に合わせた身体を創っていくのが二十四節気導引養生法。

 

中医学の理論では、肺は秋の気と呼応し、肺は気を主り、呼吸を主ります。

 

立秋の導引術は、四つん這いになって、脊柱を伸展させることで肺の機能や消化器系や腎の機能を高めます。

 

 

任脈、督脈を交互に伸ばしたり縮めたりするので、陰陽のバランスも調います。

 

動きに合わせて深い呼吸をすることで、肺に影響を及ぼします。

 

秋は肺と大腸の季節、白いもの(梨、大根、山芋、白きくらげ、白ごま等)を食べ、脊柱を伸ばしたり縮めたりの導引術を取り入れて、秋の気に合った養生を行い、心身を調えましょう。

 

次回は8月19日(水)13時半~芦屋市民センター213幼児室で、処暑の導引術を行います。

 

皆さんのご参加をお待ちしています(^^♪

 

 

あしや健康倶楽部

https://ashiyakenkouclub.wixsite.com/home