小5から中3までアメリカ帰国子女のブログ

南カリフォルニアに4年間滞在しました。
『子供目線のアメリカ生活』
毎日のちょっとしたひとコマ、学校の様子、
子供は海外に行くことに対してどんな思いなのか、など
辛いことも今となっては笑える感じで、ご紹介します。


テーマ:
日米の「手洗い」や「くしゃみ」教育の違いを書いてきましたが、全てはこの記事のためです。

アメリカで体験した最も厳しいくしゃみのルールをご紹介します。


クラスを厳しいルールによって縛るのでお馴染みのクマンバチ(先生)。

クマンバチの掟くま第6条🐝
決められた作法以外でのくしゃみ禁止

第1条 指定ノート購入
第2条 鉛筆使用禁止
第3条 クリックペン使用禁止
第4条 指定赤えんぴつ購入
第5条 Fワード禁止


くしゃみひとつするのにもルールがありました。


まず、くしゃみをする時は必ずKleenex(ティッシュペーパー)で鼻と口をしっかりカバー。

しぶきをキャッチしたティッシュは、教室の入口に置いてあるゴミ箱に捨てる。

この作法を守らないといけません。

適当にくしゃみすると、睨まれます滝汗

たとえ袖で口をカバーしてたとしても。



クマンバチクラスは当然、座席指定がありました。

毎回違う席に座られると出欠の管理ができないから、他のクラスもほとんど座席決まってたので、これに関しては特に厳しいわけでもないのですが。





クマンバチクラスの入口付近にはジェフェリーという男子が座ってました。




ある時、誰かがくしゃみ後のティッシュをゴミ箱に捨てに行ったのを見て、




クマンバチが思い出したようにボソッと呟きました。






「I feel sorry for Jeffrey. 
He sits nearest to the germs…」








えええええっっ(゜д゜;)
ちょっ!!!!
ひどい!!!!!



要するに、みんなが菌を付着させたティッシュが、入口の蓋なしゴミ箱に山積みに入ってるわけですよ。

ジェフェリーはその1番近くに座ってるから、
バイキンの1番近くに座っててカワイソーねと。




でもね、クマンバチ、


それ、言っちゃう?!笑い泣き









クマンバチはそれっきり「あたしは感想を述べたまでよ」とでも言いたげに、ジェフェリーを放置プレイしました。


カワイソーだから何か策を出してくれるでもなく、
ジェフェリーを移動させてくれるわけでもなく、
ゴミ箱に蓋をつけるわけでもなく、
ゴミ箱を移動させるでもなく、
がんばれジェフェリー菌に負けるな!と言ってくれるでもなく、


ただただ、爆弾発言を落として去っていきました。


クラスはジェフェリーに同情の眼差しを投げ、
何人かは乾いた笑いと慰めの言葉を提供してました。


ジェフェリー本人は衝撃の事実を告げられ固まっており、色んな意味で不憫でした。





女王独裁統治下では必ず誰かが犠牲になる
平等はない
いつもアルパカをクリック
ありがとうございます。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

かごめさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「中学校/7th grade」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。