【理美容師用記事】

中間処理や後処理などで使用しているimprovePRO、duo

サロンでもホームケアとしても同等に使用出来る様になっています。


【縮毛矯正などの中間処理での使用方法(しっかりduo・ハイダメージ用)】

 

※ホームケア用のしっかりduoと同じ施術方法になりますのでアフターでも使用出来る方法になります。

 

縮毛矯正1剤塗布後
タイム放置
1剤を流しシャンプー
インバストリートメント
タオルドライ
起き上がりコーミング
 
ここまではいつも通りに行ってください。

ここからがimprove duoの施術になります。
 
duo1をスプレー(30~50回)
コーミング
duo2をスプレー(30~50回)
コーミング(約30~60秒)
タオルで軽く水気を拭きます
キトエスまたはシトリンをスプレー(20~40回)
コーミング
5分(重要)
 
ここまででコンプレックス反応を起こせます。流す必要はありません。
 
タイム放置後、タオルドライでしっかり拭きます
ハンドドライ・ブロー(脱水)
保水している場合は多少蒸発する煙が出てもゆっくりデンマンで平行にドライします。
アイロン(脱水)
根元のクセの部分はもちろん
中間~毛先の還元をしていない部分にも
1スルーで良いのでゆっくり面を出すように
強すぎないテンションでアイロンで熱を置き
しっかり脱水結合を起こします。(重要)

ここまで基本の中間処理になります。

 
仕上げにも同じ工程でしっかりduoを行うか、さらっとduoを行う事により、より持続性を出すことが出来ます。
 

【使用するもの】
 
希釈済みのPRO(PRO専用スプレー)

PRO1→duo1(オレンジ・カチオン・カチオン化セルロース配合)

PRO2→duo2(グリーン・アニオン・マレイン酸ポリマー配合)

 
シトリン(しっとり・ホホバオイル配合)
 
キトエス(さらっと・シクロペンタシロキサン配合)
 

内側からduo1、duo2、PRO1、PRO2、PRO専用スプレー150

 

 


使用方法はまた別の記事でご案内していきます。

 

使用する前に「PRO→duo」へ希釈します。

・中間処理での使用方法(しっかりduo・ハイダメージ用)

アフターでの使用方法1(さらっとduo・ダメージ、カラー)

・アフターでの使用方法2(かんたんduo・ノンカラー)