【第2〜4局】朝のウォーズは怖い | 真・橘花の初段への道

真・橘花の初段への道

将棋を中心とした趣味について書いていきたいと思います。北海道日本ハムファイターズの大ファンでもありますので、
ファイターズへの叱咤激励も多くなるかも。精神的に打たれ弱いので、叩く方は来ないで下さいね(笑)

こんばんは。橘花です。先週の日曜日に家族みんなで壮瞥町までぶどう狩りに行ってきました。たくさんぶどうを食べた…と言いたいところなのですが、もう暴飲暴食する年でもありませんし。ぶどう6房とりんごと梨とプルーンを5個だけにしておきました(笑)。昨年のブログを見たらやはり同じことをしていましたし、おそらく来年も行くと思われます。子どもたちが独立しても、行事のたびに帰って来てほしいなあ…。いや、うちは多分そうなるでしょう♪




さて、将棋の話。昨日はすっかり寝込んでしまい、対局はゼロ。それで、今朝起きて朝の勉強後にウォーズをしたのですが… 最初の3級がやたらと強いんですよ。後で見ても、終盤力はわずか1.6でした。それでこんなに強いはずないんだけどなあ。こちらの狙いをすべて察知されているようで、とても厳しかったです。唯一の勝機はここでした。


この瞬間、79金から75銀として詰めろをかけられたらワンチャンスあったみたいです。惜しくもここで受けに入ってしまい、そこから一気に即詰みに押し切られてしまいました。ぴよ将棋さんで見ても、ずっと形勢は互角で、ここで弱気になってしまったことが敗因ということでしたね。

「しなければならないことをしない」というのはそれだけで敗因になるわけで、いけると思ったら強気に攻めることはとても大事なことなのでしょう。さらに大事なのは攻守の兼ね合いなのでしょうが、完全に習得するにはもう少し時間がかかりそうです。

この敗戦以外は、3級と2級相手に勝ち。あと、私はサブアカウントを2つ持っていますが、両方とも初段に勝ちました。サブアカのほうが好調なのは大変遺憾ですが、それこそ仕方有りませんね(笑)。

そして、やっぱり朝はウォーズは難しいです。相手が強いのもあるんですけど、振り返りをする時間が全然ありません。対局はグッと堪えて夜まとめてするのがいいみたいですね。また、技巧ですべて振り返るとすごく時間がかかることもわかりました。まずはぴよ将棋でポイントを整理して、技巧でそのポイントのみを振り返れば時間短縮になりましょう。

明日も頑張ります。