菊花賞の予想2017。レース傾向、データ分析

第78回 菊花賞(GI) 2017/10/22【3歳オープン 3,000 (芝・外)】 登録馬、出走馬、過去の結果データなどをブログで紹介しております。


テーマ:

10/22(日)京都11R・芝3000mにて
《菊花賞》が開催されます。

 

 




「菊花賞は強い馬が勝つ」という
競馬の格言にもある通り、

様々なスターホースが歴代優勝馬に
名を連ねる3歳クラシック最終戦だが
今年はダービーの1~3着馬が不在。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========
菊花賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 ブレスジャーニー 57.0 差 柴田善臣
1 2 ウインガナドル 57.0逃 津村明秀
2 3 スティッフェリオ 57.0 差 松若風馬
2 4 クリンチャー 57.0 先 藤岡祐介
3 5 トリコロールブルー 57.0 差 戸崎圭太
3 6 マイネルヴンシュ 57.0 先 柴田大知
4 7 アダムバローズ 57.0 逃 池添謙一
4 8 サトノアーサー 57.0 差 川田将雅
5 9クリノヤマトノオー 57.0 差 幸英明
5 10 ベストアプローチ 57.0 差 岩田康誠
6 11 サトノクロニクル 57.0 先 福永祐一
6 12 ミッキースワロー 57.0 差 横山典弘
7 13 キセキ 57.0 差 デムーロ
7 14 ポポカテペトル 57.0 先 和田竜二
7 15 ダンビュライト 57.0 先 武豊
8 16 アルアイン 57.0 先 ルメール
8 17 プラチナヴォイス 57.0 差 田辺裕信
8 18 マイスタイル 57.0 先 四位洋文


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


キセキ

休養明けの7月から500万、
1000万クラスを圧巻の内容で連勝。

トライアルの神戸新聞杯でも
ダービー馬レイデオロに迫る2着。

最大の武器はラストの爆発力で
デビューから全て上がり3Fで3位内。

鞍上は大舞台で頼りになるデムーロ。

未だ重賞は未勝利ではあるが
近走の充実具合なら、一気にG1奪取を
遂げてもなんら不思議は無い。


アルアイン

皐月賞の勝ち馬で
ダービーでも5着の春の実績馬。

秋始動戦となったセントライト記念は
2着に敗れたものの、今回はひと叩きされた
ことによる上積みが見込める。

1番の不安は3000mの距離だが、
先週の秋華賞を制した鞍上のルメールが
どのような騎乗を見せるか注目。

皐月賞馬としての威厳を示したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ミッキースワロー

セントライト記念で上記のアルアインを
撃破し重賞初制覇を遂げた。

直線で見せた鋭さはまさに一閃。

強烈な切れ味を坂の上りで繰り出した。

あの切れ味を淀の長丁場でも
引き出すことができるかが焦点となる。

鋭さを武器に並み居る各馬を撃破し
一気にG1獲りといきたいところ。


ダンビュライト

皐月賞3着、ダービーでは6着と
その安定感が武器の同馬。

神戸新聞杯でも2番手からしぶとく
粘り馬券内には入れなかったが
4着と掲示板はしっかり確保した。

鞍上は菊花賞で4勝を挙げている名手・武豊。

デムルメに対抗できる日本の第一人者の
意地と記録を賭けた騎乗に期待したい。


サトノアーサー

神戸新聞杯で直線一気の戦法から脱し
5番手追走の正攻法で3着に入った。

夏を越して脚質に自在性が出た。

今回は初の3000mだけに折り合いが
課題となるが、うまく脚をためて爆発力を
活かす走りが出来れば勝機はある。

地力の高さは誰もが知っているだけに
この一冠だけは他には譲れない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【5-1-2-2】
2番人気【0-2-0-8】
3番人気【1-0-2-7】
4番人気【1-1-0-8】
5番人気【1-2-0-7】
6番人気【0-1-2-7】
7~9番人気【2-2-3-23】
10番人気以下【0-1-1-88】


1番人気は複勝率80.0%と安定。

近年は比較的堅実なレース傾向で、
この6年で連対馬12頭中11頭は5番人気内。

3着馬を含めても8番人気以下の好走は
昨年2着のレインボーラインのみである。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-1-1-15】
2枠【3-2-1-14】
3枠【1-0-1-18】
4枠【0-0-0-20】
5枠【1-1-2-16】
6枠【0-3-2-15】
7枠【2-2-2-24】
8枠【0-1-1-28】


長距離戦なので先行争いは激しくなく
枠による有利不利はほとんど無い。

データ上では1,2枠の成績が良く
4枠は馬券内ゼロと不振傾向。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-1-13】
先行【7-3-3-21】
差し【2-5-5-68】
追込【0-2-1-47】
マクリ【1-0-0-1】


折り合いに専念する馬がほとんど。

キレとスタミナ兼備の馬が活躍し
脚質は先行・差しが決まりやすい。

逃げや追込の極端な脚質の馬は、
展開の助けが必要。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
予想情報局の総括
==========


いよいよ3歳クラシック三冠最終戦の始まりである。


皐月賞・ダービーとは違い、
「最も強い馬が勝つ」といわれるのが菊花賞。


断然人気の馬がいる場合は、
その馬がいちばん強いという結果を
考えて問題ないだろう。


その一方で、馬券を考えたとき穴馬が
あちこちに顔を出すレースでもある。


特に今年はダービーの1~3着馬が
出走しておらず混戦模様なので
例年以上に注意した方がよいだろう。


ローテから見ていくと、
中心となるのは前走神戸新聞杯組。

過去10年で3着以内に入った30頭中
19頭が前走神戸新聞杯だった。

不調だった馬の巻き返しも
あるので注意が必要。


前走セントライト記念だったのは30頭中5頭。

それに加え5頭全頭が3着以内だった。


そして1000万下を快勝した馬の活躍もある。


最後に前走の着順を見ていくと
30頭中26頭が3着内だった。

残り4頭は全頭が前走神戸新聞杯組。


よって、神戸新聞杯組か、または前走で
~~~~~~~~~~~~~~~~~
3着内に入った馬を中心に予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【キセキ
========

神戸新聞杯は2着だったが
1着馬のレイデオロはジャパンカップへ。

重賞初勝利がG1制覇の可能性は高い。


対抗は【ミッキースワロー
=============

騎手乗り替わりでG2を制覇。

この勢いでG1に挑む。


以上を加味した馬券戦略は

◎:キセキ
◯:ミッキースワロー
▲:サトノアーサー
△:アルアイン
△:トリコロールブルー 



紐荒れが多いので相手は幅広くいきたい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

 

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

 

その他にも下記の無料アプリか各種SNSにて

競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i
 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10/23(日)に京都11R・芝3000mにて
《菊花賞》が開催されます。





3歳馬にとって未知の距離で争われる
クラシック三冠の最終章。

各馬の距離適性が鍵になる。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


=========
菊花賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 カフジプリンス 差 岩田康誠
1 2 ジョルジュサンク 先 幸英明
2 3 サトノダイヤモンド 差 C.ルメール
2 4 シュペルミエール 差 北村宏司
3 5 ミライヘノツバサ 先 藤岡祐介
3 6 ディーマジェスティ 差 蛯名正義
4 7 レッドエルディスト 追 四位洋文
4 8 ミッキーロケット 差 和田竜二
5 9 イモータル 追 F.ヴェロン
5 10 ウムブルフ 差 浜中俊
6 11 レインボーライン 差 福永祐一
6 12 コスモジャーベ 差 丹内裕次
7 13 エアスピネル 先 武豊
7 14 アグネスフォルテ 先 松山弘平
7 15 サトノエトワール 逃 池添謙一
8 16 プロディガルサン 差 田辺裕信
8 17 ジュンヴァルカン 先 M.デムーロ
8 18 マウントロブソン 先 川田将雅


以上、出走馬18頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


サトノダイヤモンド

皐月賞で3着、ダービー2着と
春はあと一歩で涙をのんだ。

また、ディープインパクト産駒は
菊花賞を勝っていない事実がある。

が、同馬なら血統の壁を破るだけの
能力は十分もっている。

最高の出来で挑む大一番。

栄冠への準備は整った。


ディーマジェスティ

皐月賞の勝ち馬。

前哨戦のセントライト記念を快勝。

菊花賞に向けこれ以上ない
好スタートを切った。

今回の高速馬場の京都で皐月賞のような
豪脚が炸裂してもおかしくない。

ただこの馬もディープ産駒なので
距離の不安が付きまとう。




レッドエルディスト

神戸新聞杯3着で出走権を得た。

上昇度では1番の存在。

血統的にも距離は延びるほど良さそう。

他馬がスピードなら、
この馬はパワーとスタミナで勝負。

二強に風穴を開けられるか。


ミッキーロケット

夏の上がり馬。

神戸新聞杯は首差の2着。

この馬はとにかく堅実で
全10戦の成績は連対率80%と
驚異的数字を出している。

2400mではある程度使えていたので
距離適性も問題なさそう。


カフジプリンス

神戸新聞杯では4着。

前走は輸送でだいぶ減り
厳しい状態だったが、
今回は順調に調整されている。

父ハーツクライから受け継いだ
スタミナを活かしたレースぶりが
出来れば非常に不気味な存在。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-1-2-3】
2番人気【0-3-0-7】
3番人気【1-0-3-6】
4番人気【1-1-0-8】
5番人気【1-2-0-7】
6番人気【0-1-1-8】
7~9番人気【3-1-3-23】
10番人気以下【0-1-1-88】


1番人気の成績は安定しているが
穴馬の好走も多く波乱傾向。

ただし、近年の傾向を踏まえれば
7番人気以内が目安になりそう。

極端な大穴は決まらない。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-1-1-15】
2枠【2-2-1-15】
3枠【1-0-2-17】
4枠【0-0-0-20】
5枠【1-1-2-16】
6枠【0-2-2-16】
7枠【2-3-1-24】
8枠【1-1-1-27】


長距離戦なので先行争いは激しくなく
枠による有利不利はほとんど無い


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-2-12】
先行【7-3-3-21】
差し【2-5-4-67】
追込【0-2-1-49】
マクリ【1-0-0-1】


折り合いに専念する馬がほとんど。

キレとスタミナ兼備の馬が活躍し
脚質は先行・差しが決まりやすい。

逃げや追込の極端な脚質の馬は、
展開の助けが必要。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


牡馬三冠レース最終戦である
菊花賞は京都芝3000mで行われる。


傾向としては先行・差し馬が
活躍することが多く、

逃げや極端な追込み馬は
あまり勝てていない。


ローテを見てみると、
やはり神戸新聞杯で好走した馬が
活躍する傾向が高いが、

レースで不調だった馬の巻き返しも
あるので注意が必要。


それに対し、セントライト記念から
挑む馬は少し割引きが必要。

過去10年でも勝ち馬は1頭
2着、3着ともに2頭ずつのみ。


1000万下を快勝した馬の活躍もある。


また、関東馬よりは、
関西馬の活躍が圧倒的に多い。


3000mという長丁場なため、
距離適性も重要なポイントだ。


前走1800m以下はかなり苦戦している。


よって、前走神戸新聞杯を
~~~~~~~~~~~~
走った関西の馬を軸とし、
~~~~~~~~~~~~
距離適性を考慮し予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


本命は【サトノダイヤモンド


神戸新聞杯の1番人気1着馬は
過去30年でも[5-0-1-1]と
抜群の安定感。

ここは終わりよければ全てよし。

最後の栄冠を勝ちとるだろう。


対抗は【ミッキーロケット


神戸新聞杯は1着とクビ差。

上がりは最速だった。

ここは二強を崩す事に期待。


以上を加味した馬券戦略は

◎:サトノダイヤモンド
◯:ミッキーロケット
▲:ディーマジェスティ
△:レッドエルディスト
△:アグネスフォルテ


軸は固く、ヒモ荒れ傾向。

手広く勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手次第、更新させて頂きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

菊花賞のレース傾向・分析

→最新レースの予想はコチラ

コース


菊花賞は一貫してAコースを使用。00年に5回京都開催2日目から4回京都開催6日目に日程が繰り上がったが、最も幅員が広いAコースの使用は変わらない。距離はクラシックで最も長い芝3000m。古馬を含めたG1競走の中でも天皇賞(春)に次ぐ長さで行われ、長丁場のレースを乗り切るスタミナの能力が不可欠になってくる。
勝ち時計は良馬場ならば3分4秒台。長距離戦だけに道中は必ず緩むが、ペースによって走破時計はかなり変わってくる。だが、例えスローペースになっても距離に不安を抱える馬が活躍するのは難しい。


春の実績馬や前哨戦でも結果を出している馬が支持されますが、凡走することもしばしば。G1の中でも荒れるレースとして有名です。全馬が3,000mは未知なため、これまでの実績に全幅の信頼は置けない。


過去10年で、1番人気に支持されて勝ったのは2012年のゴールドシップ、2011年オルフェーヴル、2008年オウケンブルースリ、2005年に三冠馬ディープインパクトと、計4回。その他の優勝馬を見てみると7番人気以下が4回、4~6番人気が2回と、難解なレースであることが分かる。


→最新レースの予想はコチラ

枠順・脚質


6回のコーナーを回る長距離戦のため、道中はなるべく内々を回ってコースロスを抑えたいところ。スタートしてすぐにコーナーを迎えることからも、内枠有利の傾向にある。
長丁場なので、折り合いに専念する馬がほとんどで、下り坂からスピードアップし、上がりの競馬になるのでキレとスタミナ兼備の馬が活躍、脚質は先行・差しの馬。逃げや追込みの極端な脚質の馬は、展開の助けが必要。


→最新レースの予想はコチラ

前走


圧倒的に強いのが神戸新聞杯組。この10年で1頭も馬券圏内に入らなかったのは2004年のみ。
神戸新聞杯では、菊花賞本番に直結するようなロングスパート向きな展開も見られるので最有力ステップとして注目すると良い。

ただし、神戸新聞杯での着順はそこまで直結しない。過去10年で、神戸新聞杯で1着だった馬で菊花賞を勝ったのは2012年ゴールドシップ、2011年オルフェーヴル、2005年ディープインパクトのみ。一桁着順の中からの好走馬を見つけたいところだ。



→最新レースの予想はコチラ




【出典元】
競馬ヘッドライン│中央・地方・海外の最新ニュースをお届けする競馬総合サイト


第74回 菊花賞の予想2015のトップページへ戻る。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。