オランダでは、だいたい毎日、朝昼晩と自炊しています。和食をこよなく愛する夫がいるので、だいたい日本風の食事。

でも、あまり輸入の日本や中国製品は買わずに、なるべくオランダやヨーロッパ近隣国の製品を買うようにしています。地産地消、フードマイル削減、身土不二…いろいろあるけど、季節の土地のものを食べる、てとてもシンプルで気持ちがいい。

そして、私は日本生まれだけれど、いろいろな国で生活したので、私の和食レシピには、ちょっとエキゾチックな彩りがついています。そこにぴったりなのが、たくさんの移民コミュニティを抱えるオランダの、ごく普通のスーパーマーケットのインターナショナルな品揃え。



この日は、地元のスーパーマーケット、アルバートハインでオーガニックの蕎麦を買い、鶏胸肉を、レモングラスのみじん切りを加えた衣で天ぷらに、ピーナッツバターを練りごまのように使って、冷たいお蕎麦のつけだれにしました。
AD