GVIDO | 藤沢・辻堂,萩原国際ピアノ教室&0歳からの英語音楽プログラム

藤沢・辻堂,萩原国際ピアノ教室&0歳からの英語音楽プログラム

Hagiwara International Music School ( http://www.hagiwara-piano.com/ )の生徒さんたちのことを主に書いています。それと、ワンコのkikiちゃんの手作りご飯の話。


テーマ:

アメリカのメソッドを使って英語と日本語でレッスンするピアノ教室です。
 

昨日帰りにI先生と山の楽器店によって、CVIDOを見せてもらってきました。

大きさはやはり魅力的。

iPad proの倍以上有ります。

重さは、iPad proよりも軽いです。

 

画面はkindleのペーパーホワイトみたいな感じ。

kindleが「読む」ことに特化したガジェットであるのと同様に、グイドも楽譜を見ることに特化した機材でした。

大きさが大きく、見やすい。見開きで、紙の楽譜を見るのとあまり違わない感じで見ることができる。

反射がなく、目が疲れなさそう。

譜めくりも紙の楽譜よりはやりやすい。

専用ペンで書き込みができる。

ページの並べ替えは自在。

フットスイッチを購入することによって、それで譜めくりができる。

等々…。

 

読み込めるのはPDFのみ。

ピアスコアのようにカメラで楽譜を取り込むことはできない。

基本カラーではないので、書き込みも黒とグレーの濃淡のみ。

 

…ということは、やっぱりこの値段(18万)じゃ買わないな~…。

楽譜の大きさ自体は魅力だけれど、(iPad Proを二つ買って並べたらこれに近い?)

ピアノの場合、外で演奏することはないので、反射はさほど気にならないし、

書き込みも色々な色を使えるピアスコアのほうが魅力的。

iPadはそれ以外にもアプリなどでできることがたくさんあるので、

どちらかを買うというならやっぱりiPad Proかな。

だけど、オーケストラなど、大量の楽譜が必要で、

それをまた常に持ち歩かなくてはいけないという場合にはよいのかな…。

 


 

携帯からはこちらへ。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

kikimamaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス