ドキドキさせてよ-別館-

kikiのお気楽観劇記録とその他もろもろ


テーマ:
平成29年8月6日(日)14:00〜、IHIステージアラウンド東京にて。

作/中島かずき
演出/いのうえひでのり

出演/
阿部サダヲ
森山未來
早乙女太一
松雪泰子
粟根まこと
福田転球
少路勇介
清水葉月

右近健一、山本カナコ、村木仁
藤家剛、工藤孝裕、井上象策、安田桃太郎、菊地雄人、伊藤教人、横田遼、下川真矢
生尾佳子、伊藤玻羅馬、岩田笙汰、大内唯、奥山寛、上垣内平、嶌村緒里江、常川藍里
東松史子、中根百合香、野田久美子、安田栄徳、山口ルツコ、山﨑翔太、矢内康洋

梶原善、池田成志

1990年に池袋西口公園テントで産声を上げた『髑髏城の七人』は、以来7年ごと上演される度にブラッシュアップされ、今では劇団最高傑作と言われる名作。特に97年版は、物語・演技・殺陣・音楽など全ての面が完璧に調和し、“いのうえ歌舞伎”シリーズの真骨頂となった。そして2004年には“ドクロイヤー”と銘打ち、同じ作品を全く別のキャストで、更に演出を変えて春と秋に連続上演するという大胆な試みを決行。ドラマ性の強い『アカドクロ』、ケレン味の強い『アオドクロ』と見事に趣向を変えた作品はいずれも大成功を収め、一旦は作品として完結を迎えた。さらに初演から21年目の2011年には、若いキャストが結集することによって新たな着想を得て、『髑髏城の七人』がよみがえった。更にその7年後に掛かる2017年〜2018年というこの年に1年以上かけて “ステージアラウンド”という客席が回転するという大胆な演出が可能となる前代未聞の劇場の杮落としとしてこれまで類を見ない『髑髏城の七人』を上演中。
(公式サイトより)

{42908303-B9E1-4ACB-AA5F-B3A55A096510}

言いにくいのだけれど、実は今回が初髑髏だった。長年上演されてきた新感線の代表作とも言える作品だし、さまざまなキャストで再演されてきたというのに。

波乱万丈のストーリー、魅力的なキャスティング、爆音のハードロック、派手な衣装、見ごたえのあるアクション……等々、ようやく拝見した『髑髏城の七人』はいかにもこの劇団らしい作品であった。

{5DAF7D10-1F99-40B2-AE2C-87E9DA5B8C02}

そして、真新しい劇場のこけら落としだ。 

客席が回転する、という新機軸の箱に、鉄板のコンテンツをぶち込んだ間違いないヤツである。

しかも、季節ごとにキャストと演出を変えて一年以上にわたって上演を続けるという。

思わずチケット単価とキャパと上演回数を計算したくなってしまう。加えて、パンフレットその他のグッズだって飛ぶように売れているだろう。

もちろん、それに見合うだけのものを見せてくれるお祭りみたいな、いやバケモノみたいな作品だ。

{FE69E2A2-4461-43E9-ACD9-36EB162DFD5E}

本能寺の変から数年後、天下統一を目前とした豊臣秀吉の支配がいまだ届いていない関東は、天魔王と呼ばれる仮面の男が率いる「関東髑髏党」に支配されていた。

そんな関東髑髏党に追われていた少女を、地位も力もなさそうな薄汚れた1人の男が助けるところから物語は始まる。

男の名は捨之介。少女をかくまってもらうため昔馴染みの遊郭の主人 無界屋蘭兵衛を頼って、色街「無界の里」へと向かう。

捨之介、蘭兵衛、そして髑髏党の領主 天魔王。

一見別世界の人間のようだけれど、彼らには過去の因縁があった……。

多彩な登場人物と、ある意味物語のお手本のような展開で観客を惹きつけていく。

先に上演していたseason花では小栗旬さんが演じていた捨之介を阿部サダヲさんが演じる。

役の設定等も多少変えてあったそうだが、捨之介として生き生きと走り回る姿はいかにもハマり役であった。

天魔王の森山未來さんと蘭の介の早乙女太一さんの華麗な殺陣や極楽太夫 松雪泰子さんの妖艶できっぷのいい極楽太夫も素敵だった。

中でも、個人的には粟根まことさんが演じた計算高い渡京と池田成志さん演じる贋鉄斎がお気に入りであった。

ふだん行き交う街から少し離れた劇場で毎日繰り広げられる物語は、ある種の祝祭めいて高揚感を誘う。

このあと風と月、そして先日情報公開があった極が控えている。

その間にきっとまたここに来たくなる。この一年、ここは劇場ではなく髑髏城なのだ。

{2341ED05-C8EF-412E-AAFC-69516A3123C2}
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kikiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。