玄米はこんな風に炊けると美味しいサイン!ベジビーでの炊き方(なるりえ実践篇) byなるりえ | 薬のいらない人生@福田稔・気血免疫療法会【VEBIA】

薬のいらない人生@福田稔・気血免疫療法会【VEBIA】

[日本自律神経免疫治療研究会]の理事長を長らく務めてきた福田稔は本来の免疫療法をさらに発展、普及させるため
[(社)気血免疫療法会【VEBIA】]を新たに立ち上げ『気血免疫療法』とし活動を開始しました。
読者の皆さまの健康・医療に対する理解が深まれば幸いです。


テーマ:

【なるりえのなまぐさマクロ  208】 玄米はこんな風に炊けると美味しいサイン!ベジビーでの炊き方(なるりえ実践篇)

 

 

あのね、玄米圧力鍋炊き、

 

絶対に圧をかけたいからといって、強火すぎると、玄米が茶色く、そして、水分が飛びすぎちゃう現象が起きて、炊き上がりが硬くなりやすい。

 

やっぱりね、ヘヘッキョロキョロうまくいったぜ!っていうバロメータって、

 

(あんまりうまく撮れなかった)カメラ

 

 

{2B41C9AB-F8AE-46FB-9004-C20425762CE6}

 

 

 

こういう感じ、ってわかるかしら。慌ててたから撮り損ねてしまった真顔タラー

 

水含んでしっとりして、ちょっと光ってる感じ。

 

で、まだ水分が残って開けた時にちょっとプチプチいっているような。

 

 

とにかく茶色く、パサパサにしないのがコツ!

 

 

ちなみにベジビーの圧力鍋は大きめで、

 

500カップならざくっと盛って2杯の1000ccカップなら1って感じに対し、

 

微妙な1370ccくらいのお水。

 

塩と昆布投入。

 

そして、圧力かかるまで強火(以前お話したガスマット敷くので、それからはみ出さない程度の強火に設定)、そして、重りが反応し始めたくらいから8分くらいで強火状態を下げ、弱火で27分でやっとります。そして15分蒸らしタイムーで出来上がりグリーンハート

 

しかし、これは鍋と量で変わったりするのであくまで鍋次第!

 

うまくご自身なりのベストゾーンお探しくださいね!

 

 

 

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!詳しくは下記バナーをクリック!↓↓↓

 

 

※なるりえが講師のリアル免疫力セミナーはこちらを

クリック!  

 

 

 

 

 

 

 

※治療などの詳細はHPへ!下記ロゴマークを

クリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#ヴィーガン#ベジタリアン#ベジタリアンビースト#オーガニック#無添加#allvegan#vegan#一物全体#マクロビオティック#身土不二#食事療法#玄米炊き方#美味しく玄米炊く方法#圧力鍋#レシピ#しっとり感が美味しい目安

 

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

薬のいらない人生@福田稔・気血免疫療法会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス