またまた高額のお金(仮想通貨)が盗まれたらしいのである。「いい加減にしろよ。」である。全く毎回毎回多額のお金をきちんと管理してないしと思いたくなるのである。昨年の流出というか盗まれた時は、夜とかは回線を遮断して(営業時間外は)ネットからの不正アクセスを防ぐ努力をしていなかったのである。今回はまだ解明されていないのであるが、どこまでいっても日本のコンピュータのセキュリティレベルが低いと感じざる得ないのである。そういう人で言えば小学生レベルのセキュリティーレベルの中で大切なお金を預けねばならない現状、本物の銀行では短期間に利息の増大が見込めないなどの不安が仮想通貨に頼らざる得ないのにも関わらず毎度毎度仮想通貨預金者は被害を受けるのである。此処はひとつ国を上げたセキュリテイシステムの標準化を進めてほしいと思うのは小生だけである。

 

へっへ〜〜〜。