愛で抱きしめてくれる人たちに出会ってください | 骨からキレイに!美骨美人専門家

テーマ:
□ 12月15日開催
亀井理香の「キレイ」と「スリム」を手に入れる【食習慣改善講座】


□ 11月キャンペーン
ツヤ肌美人エステ

 

□ 11月1日出版 著者:亀井理香

美容家が起業して成功したいときに読む本

 

 

美容・食習慣・ダイエット・骨…

トータルビューティーをお届けします。

 

トータルビューティーアドバイザー

ビクトワール オーナー 亀井理香です

 

 

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

 

 

今日は、上平薫里さん主催の

いのちと心のおはなし会に参加してきました。

 

 

 

 

いつもと違って、かなり重い話しです。

長い長いお話しになります。

 

いつも見せている美容家の私ではなく、

トラウマを抱えて生きてきた、

劣等感の塊の私の話しになるので、

読みたくない人は、ここで閉じてくださいね

 

 

「いのちと心のおはなし会」は、

幼くして命を亡くした子どもたちが残した

メッセージを伝えていただきながら、

自分自身や大切な人の命・人生を語り合う時間です。

 

 

そのメッセージを伝えてくださるのは、

本当の愛と幸せを届ける講演家中村美幸さん

 

インタビュアー・皿井啓之さんとの

おふたりによる「いのちと心のおはなし会」

 

 

前半は、美幸さんのおはなしでした。

 

27歳の時に最愛の息子さん、渓太郎くんを

1歳4ヶ月で失くされたこと。

 

余命を宣告されてからの混乱や苦しみ。

 

何が現実で、何が夢なのか。

どこに助けを求めればいいのか。

誰を責めればいいのか。

悪いのは全部自分じゃないのか。

 

そんな複雑な心境だったことまでも、

赤裸々に語ってくださるのは、

渓太郎くんと約束したからだそうです。

 

 

「幸せの本当の在り処を、

 もっと多くの人に伝えるね。

 渓太郎が命がけで教えてくれたことを、

 多くの人のために活かすからね。」

 

 

1年間に及ぶ付き添い看護生活の中で、

本当に大切なものとは何か

渓太郎くんや、余命わずかの子供たちから

美幸さんが教えてもらった「幸せの本当の在り処」

 

天使になった子供たちからいただいた

たくさんのメッセージを、

一人でも多くの方に届けることを使命として

ひと言ひと言をとても大切に、

私たちに語ってくださる美幸さんの目にも、

参加している方たちの目にも、

涙が溢れて止まりませんでした。

 

 

でも、私は泣けなかった。

込み上げてくる感情を必死で抑え込み、

歯をくいしばり、手をぎゅっと握りしめて

涙をこらえ続けていました。

 

泣いてしまったら、

自分が崩壊してしまいそうで怖かったから。

 

 

 

 

そもそも、このおはなし会に参加することも

実は、かなり怖かったんです。

心の中では参加を拒んでいました。

 

そのことに気づいたのは、

この記事を読んだ時から▼▼

 

 

 

実はかなり心の中がざわついていたようで、

この記事を読んでから、

自分でも気がつかないうちに、

かなり空回りしていたみたいです。

 

それを、おはなし会の前日に見抜かれて、

余計に参加するのが怖くなった。

 

見抜いたのは主催者の上平薫里さん▼▼

 

「今、りかちゃんに必要なことは、

 思いっきり泣くこと。

 泣いて吐き出すこと。

 山盛り泣いて、全部吐き出そう!

 りかちゃん、いろんなことを

 消化していない。

 消化する時期だから。

 答えは、りかちゃんの中にある。

 りかちゃんが、強くなる時期。

 りかちゃんが強くならないといけない。

 そのために、私がいる。

 今のりかちゃんの闇は、

 りかちゃんの心の中にある劣等感。

 だから明日、吐き出そう。

 これも神様がくれたチャンスなんだよ。

 私を信じて。

 りかちゃんを、ちゃんと闇から守るから」

 

 

 

 

私の中の劣等感。

それが私の闇の正体……

 

それは幼少期の経験によるトラウマ。

それが及ぼす深い傷を思い出したんです。

 

 

私の抱えている闇が何かを

44年間、誰にも話したことがないのに、

何が視えていたのか、上平さん!

(視える人なので、今度じっくり聞いてみよ〜.笑)

 

 

上平さんからのメッセージで、

幼少期の経験による私のトラウマが、

心の奥の奥の奥底に落とし込んでいる箱から

飛び出しそうになって、戸惑いました。

 

ずーーっと誰にも見つからないように

隠し込んでいたものって、

普段は、そんなに思い出さないんですよね

意識してなのか、無意識なのかはわからないけど。

 

だから、そんな急に飛び出してこられたら、

私の想いなのに、重すぎて受け止められない

 

だから、そこにもう一度しっかり蓋をして、

そのことには気づかなかったことにしようと

頑張ったんだけど、全然できなかった。

 

 

私が「普通の女の子」で生き抜くために

隠し続けてきた傷は、

もしかしたら、発見されて癒されない限り、

生きることの難しさを抱え続けるのではないだろうか?

 

 

そんな考えが浮かんじゃったら、

蓋なんてできるわけないですよね。

 

 

箱の中から、癒されたい傷が今にも

飛び出しそうな状態で

「おはなし会」当日を迎えて、会場へ。

 

誰かに肩をツンってされただけでも、

声あげて泣きそうなほど張り詰めていたので

誰とも言葉を交わさないようにして、

美幸さんのお話しの間も、ずっと我慢して。

 

後半に控えているシェア会で、

闇をカミングアウトするか否かの葛藤も、

寸前まで続いていました。

 

 

覚悟を決めたのは

シェア会寸前の上平さんからの言葉。

 

「私は、

 りかちゃんを信じてるから」

 

私が私の鎧を脱いで、本当に強くなるには、

闇の箱を開けて、古い深い傷を

浄化してやらないといけないのか、やっぱり

(覚悟決めながらも、かなりビビッてたけどね.笑)

 

 

誰にでも、トラウマってあると思う。

トラウマが及ぼす傷って、意外と深い。

 

私が8才の時に経験した、ある出来事は、

誰にも助けを求めることができず、

親に打ち明けることもためらわれ、

小さな脳みそは混乱し、困惑し、

無力な子どもだった私は、

屈辱感と罪悪感と無力感に落とし入れられました。

 

信頼していた人の裏切りもあり、

神経はいつも緊張状態で休まらず、

恐怖と不安から自分の心を守るために、

普通の女の子として生き延びるための戦略は

「本気で心を開かない」でした。

 

心を開いていないことを悟られないように、

逆に誰とでも親しく話すようにして、

いつも明るい女の子を演じて生きてきました

 

 

「今、ちゃんと笑えてるかな?」

「心を開いていないことバレてないかな?」

「警戒してるって思われてないかな?」

「顔、引きつってないかな?」

 

 

誰かと喋っていても、

こんなことばかりを考えるって病気だよね!

 

これを、

PTSD(心的外傷後ストレス障害)という

病気なんだろうなって自覚したのは、つい最近のことです。

 

 

どんなにたくさんのヒーリングを受けても、

受けた時は救われるのに、

しばらくすると、またリバウンドしてしまう

 

私が提唱しているダイエット理論と一緒で、

根本が癒されていないんだから、

一瞬は霧が晴れて光がさしたとしても、

すぐに闇に飲み込まれるに決まってる。

 

 

根本を癒す…

それには、

まずはトラウマに焦点を当てなければならず

それが今日の「おはなし会」だったのでしょうね。

 

 

 

 

ゆっくりと、経験したことを話し始めると

思い出したくない映像が目の前に浮かんで、

8才の私を助けてあげたい気持ちになって、

涙もそうだけど、言葉も止まらなくなった。

 

カミングアウトしながら、

私は8才の私を抱きしめられた気がして、

それで私も救われたと思ったんだけど……

 

 

シェア会が終わって、

美幸さんが声をかけてくださって、

泣きながら抱きしめてくださった瞬間に、

しがみついて声をあげて泣いたんです。

 

美幸さんに抱きしめられながら、

「おかあさん、おかあさーん」って

ずっと心が叫んでいました。

 

「おかあさん、ごめんなさい。

 信じて打ち明けなくてごめんなさい。」

 

 

そう…

傷ついてる私が、8才の私を癒したって、

私自身は癒されてないし、救われていない。

 

それを、美幸さんはわかってくれた。

 

「長い間、つらかったね」って言って

抱きしめてくださる美幸さんの腕の中は

そのまま眠りたいと思うぐらい、あたたかかったです♡

 

 

「いのちと心のおはなし会」

 

美幸さんの存在そのものがだったんですね〜

 

 

私のトラウマが何かを

文字として残すことはできませんが、

私のように、

幼少期に耐えがたい苦痛を経験して

打ち明けられずに大人になっている方は、多いと思います。

 

いつまでも癒されない傷は、

心だけでなく脳までも傷つけていく。

それがPTSDで、健全な人間関係も

台無しにしてしまうほど、魂が殺されます。

 

 

私もそのひとりでしたが、

あの日、殺された魂に、

再び命の火を灯してもらいました。

 

回復には、まだまだ時間は必要だと思うけど

私の覚悟の一歩は、

上平さんと美幸さんので包まれたから、

 

どこかで辛い想いをしている誰かが、

美幸さんと渓太郎くんのに包まれる日が

来るといいなと思い、この記事を書きました。

 

 

どうぞ、美幸さんに会いに行ってください♡

 

 

最後まで読んでくださった方、

ありがとうございました。

 

 

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

 


毎日「キレイになるツボ」を無料配信しております▼▼

 

 

スマホの方は、LINEを開いて、

@yek9071qでユーザー検索してみてくださいね。

 

 

 

私の美容ストーリー、ご覧ください▼▼

 

美肌になりたい方に向けて、書いています▼▼

 

痩せたい方に向けて、書いています▼▼

 

サロンのメニューがすべて見られます▼▼

 

 

亀井理香さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります