サイン育児を実際にやってみた上で思う事。 | 福知山市・綾部市・舞鶴市のベビーマッサージ教室|福知山・綾部・舞鶴で子供と一緒に学べるベビーマッサージ資格取得スクールKiitos

福知山市・綾部市・舞鶴市のベビーマッサージ教室|福知山・綾部・舞鶴で子供と一緒に学べるベビーマッサージ資格取得スクールKiitos

福知山市でベビーマッサージ・サイン教室&資格取得講座を開講しております。
子育て中のママから、お子さんと関わる仕事をしてみたい方まで、どなたでも学べるスクールです。
福知山市の他、丹波市・篠山市・綾部市・舞鶴市でも開講中。
お気軽にお問い合わせください。

福知山市・綾部市・舞鶴市
ベビーマッサージ・ファーストサイン教室

福知山・綾部・舞鶴のベビーマッサージ・ファーストサイン資格取得スクールKiitos-きいとす-

講師の黒田いつかです。

さくらんぼKiitosホームページはこちら

りんご最新の教室スケジュールはこちら



私がファーストサインの勉強を始めたのは、次男生後半年頃の事でした。

理由は簡単で『我が子とのコミュニケーションになるし、その経験を他の人達のお役に立てられないか?』と思ったのがきっかけです。


先日ふとアメブロを開いた時に目に飛び込んできたのが『サイン育児の弊害』の言葉でした。


拝見してみたところ、どうやらサイン育児非推奨派の助産師さんにお喋りが少ない事を相談したら「サイン育児をしていたら、サインでコミュニケーションが完了してしまうから無口な子が多い。改善策はない。」と言われたママのブログでした。


考え方は色々とあると思うんですが、私の経験のお話をさせて頂きます。




結構ガッツリとサイン育児で育った我が家の次男。

無口とは真逆のお喋りボーイです。


いや、本当に笑

このママのブログを読んでビックリして、『あれ、うちの子サイン育児してなかったっけ?』と本気で疑いましたが、紛れもなくサイン育児卒業生第一号です笑笑


別に私はサイン育児推奨派であろうと、非推奨派であろうとも構わないんです。

ただ残念に思ったのは『ママはサインのおかげでストレスフリーになったでしょ?だからその分子供は無口になるのは仕方ないよね』と思われていた事。


私がファーストサインの講師としても、ベビーマッサージの講師としても同じ事が基本なんですが、大事なのって『ママが育児に対して余裕が生まれること』だと思っているからです。


それに喋り始める時期よりも、お喋りの量よりも大事な事。

それは親子でのコミュニケーションだと思うんです。


お喋りが始まるスピードも個人差があるし、あくまで目安は目安。

ずっとサインだけでコミュニケーションを取る訳でもないので、いずれは言語でのコミュニケーションへと発展していきます。

だからこそ尊いこの時間・この時期。

そこでしっかりコミュニケーションの基礎を築いてあげる事が出来ると、大人になってからのコミュニケーションにも差が出てくると考えています。


目を見てお話しする。

そんな簡単なこと?と思われるかも知れませんが、スマホなどが普及した今、本当に人の目を見て話を聞ける人が減っていっているように感じます。


育児に対するゆとりもそうですが、目の前の赤ちゃんの10年・20年先を見越しても、決して悪い事はないと思います。



そんな我が家の息子達はどんな大人になるのか?

この先の楽しみの一つです!

お問い合わせ・お申し込みはこちら

RTA指定スクールKiitos-きいとす-
認定講師 黒田いつか
講師TEL 080-8940-7518
教室TEL 0773-23-1423
Mail  kiitos.itsuka@gmail.com

友だち追加