お花決定!

テーマ:

式まであと二週間ちょっと。


やっと先日、お花関係が決定。

「お花関係」と一言でいっても、ホント、何から何まで決めなくちゃいけないのね。

エントランスの装花、会場(高砂、来賓テーブル)装花、チャペルの入り口装花、チェアフラワー、

花嫁のブーケ(式用と、お色直し用)、ヘッドドレス、贈呈用花束・・・・・てな具合。


ちなみに、お色直し用ブーケはこちら。

アンティークなピンク・・・というかやや紫がかった色味のバラである。


小人のくしゃみ

バイアモーメントとラストナイトオンアースという似たような雰囲気の二種類を組み合わせてます。

ただこちら、希少な品種らしくて、ギリギリまで入荷できるか確定じゃなくて・・・

仕方ないので、第二候補も一応決めてある。

第二希望も似たようなバラではあるのだけど・・・・でもやっぱこっちがいいなー。

入手できることを祈ろう。。。


最初は、ピンクにしようなんて全く思ってなくて、

緑色のバラや小花を集めたグリーン系のモードなブーケにしようと考えていたんだけど、

色々雑誌で見ていて、このレトロな雰囲気のバラに一目ぼれ。


式で持つブーケはユリ(シベリア)なので、白からガラリとイメージも変わるのでこれに決めた。


会場装花は、白のバラとダリアを組み合わせて、まわりに緑をプラスした配色にしてもらった。


さておき・・・


披露宴ってさ、「これでもか!」ってくらいに予算が上がっていくのね。。。。

うわさには聞いていたけれど、まさしく恐るべしです。


特に生花がこんなにも高いとは。。。


しかも、「はい、このブーケは○万円です。」「こちらの装花は1テーブル○万円です。」

って、ほとんどが万単位で提示されるので、

うーん、もうちょっと華やかな方が・・・・じゃぁ、これより1ランク上ので。。。

とか変な金銭感覚になってきて、

結局、合計の見積りを出してもらってビックリ!みたいな。


でもねぇ、大人婚夫婦のブライダルとしては、

お客さんが楽しむもの(料理やお花)をケチるわけにはいかないのである。


・・・と、ゼクシィ「アネーロ」(大人ブライダル専門誌)に書いてありました。。。。。。


若い花嫁さんは「私が主役よ!私を見て!見て!」でも微笑ましいのだそうですが、

若くもない花嫁さんは、「来賓への感謝とおもてなしの心を忘れず。」をモットーとして、

品よく、慎ましやかにでないと・・・・・・・・・・・



ハイハイハイ。

よく、肝に銘じておきまーーーーーーーーす。




とりあえず、花関係が決まり・・・

あとは、披露宴の進行・演出だな。。。

それと、ヘアメイクリハーサルまでに、髪型も決めなくちゃだし・・・。

あとは、花嫁の手紙も書かなくちゃだよね・・・(←ぶっちゃけ、全く乗り気じゃないっす。)

それに、ネイルサロンと、背中ピーリングも行かなくちゃ・・・だし。


ギャーーーー!まだやることいっぱい!!


・・・・でも、間に合えばいいのだー。




AD

コメント(6)