またいつか

バンコク生活(出産&育児+ネコ)記録です☆☆☆☆☆☆☆☆☆
子連れバンコク暮らしをされる方の参考になれば幸いです♪☆☆
2012年日本に本帰国いたしました~☆☆☆☆☆☆☆☆


テーマ:

■バムルン・サミティベでの健康診断の様子は→こちら
■タイの医療事情や予防接種実施機関検索については→こちら

2013-06 追記NEW

 バンコクの病院について面白い記事がありました。

 タイ・バンコクの欧米型病院”経営”と日本の医療

 http://diamond.jp/articles/-/36778

2013-03 追記NEW

 バンコク病院・フアヒンがオープンしたそうです。

 テレビ電話でバンコクの日本語通訳さんを利用できるそうです。

 参考:

 http://www.bangkokmadam.net/backno/92/ (p.13)


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


タイの私立病院は金持ち・外国人向けで、施設も充実してるし、

びっくりするくらい豪華です。

※タイの一般人は安い公立病院を利用します(30Bで治療できます)。

 ただし、すごく混んでいるので1日がかりで医師も過労ぎみ。


ロビーはホテルのようで、グランドピアノ生演奏とか…

日本人の感覚からしたら、無駄に豪華

その金はどこから…って考えたら、いろいろと複雑な気持ち。


タイ政府も観光医療産業に重点を置いているらしいです。

(参考http://www.samitivejhospitals.com/Content.aspx?ContentId=227 他)

「性転換手術をタイで」とかよく聞きますよね。ちょっと違うか?

でも実際、アラブの大富豪が家族ぐるみで来てたりしますよね。


その分お金にはシビアで、たとえ救急でも必ず治療の前に現金や

クレジットカードの有効期限を確認したり、保険の支払い保証書?に

サインを求められたりします。できないと治療拒否、マジです。


てんとうむし言葉

下に書いた国際病院なら大抵は診察に通訳がつきます。

医師も日本への研修経験があったりして日本語がしゃべれる人がいます。

言葉の心配は、ほぼ(「全く」とは、言いきれない)ありません。

ただし、付くのは診察時のみ。諸々の検査や処置、会計などは英語orタイ語。


てんとうむし保険

旅行者の場合は海外旅行保険を利用すると思いますが、

申請すれば日本の国民健康保険の保険給付も受けられます。

 参考:

 ・在タイ日本国大使館 国民健康保険:海外療養費の支給制度について

 http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/mamechishiki/kokuho.htm

 ・外務省 海外在住者と日本の医療保険,年金

 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/nenkin_hoken/

 ・add7 海外での医療を一部負担してくれる国民健康保険

 http://www.add7.net/newyork/hoken.htm

 ・日本旅行業協会 海外療養費制度を知っておこう

 http://www.jata-net.or.jp/travel/info/safety/health/medical/1103.html

 ・All About 病気・ケガに健康保険は海外でも使える!?

 http://allabout.co.jp/gm/gc/58198/

 ※上記サイトにも書いてありますが、1年以上日本を離れることになれば、

 生活の本拠地が日本ではなくなるため、住民票を移さなくてはいけません。

 その際、管轄する市区町村に住所があることが国民健康保険の資格要件のため、

 資格を喪失することになります。


駐在の場合、会社が契約している保険会社の保険を使うのが多いのでは?

どこまでが給付対象かは契約している保険会社によります。

保険会社によっては病院を指定されることもあります。


どの治療に保険が適用されるかどうか保険会社と被保険者間の

契約の問題であって、個人が確認しなければならず、

本来病院は責任持ちません。


…なのですが、保険使えるはずなのに、無責任なタイ人スタッフが

「それは保険ききません」とか勝手に言ってきたりします。


おかげで後から自分で保険会社に治療費の立替請求をしなければならず、

病院によっては書類代を取られたりしてかなり面倒くさい。

とくに妊娠出産に関しては、事前に保険会社と良く確認しておき、

タイ人スタッフが何か言ってきても「保険使えます!」と言い切りましょう。


・海外出産と保険

 http://www.mcfh.net/insuranceusa.htm

 主にアメリカの保険についての話ですが海外旅行損害保険、国民健康保険、

 出産一時金、日本の生命保険、郵便局の簡易保険など

 丁寧に説明しててありタイ在住の場合でも参考になります


てんとうむし

薬出すの大好きです。


私はつわりの吐き気止め、妊娠中のサプリメント、退院後の痛み止めなど

たくさん薬をもらいましたが、初産なのでそういうものかと思っていました。

後からいろいろな人から「日本じゃあり得ないよ」と言われました。


タイ人が薬好きと言うのもあると思うし「まいどあり~お金」的なものもある

と思います。前回の薬が残ってたり、明らかに必要ない場合は「NO」を。


てんとうむし治療費

私立病院ははっきり言って高いです。ただ、内容に「?」がつくことも。


薬もそうですが、要らない場合ははっきり「NO」と言うことが大事。


料金システムが日本と異なっていて、ドクターフィーというのが付きます。

医師によって、また同じ医師でも時間や診察内容によって金額が変わります。


検査系も高いです。何かしら担当者がつくごとに料金がプラスされます。

なぜか通訳代は特に取られませんが、施設使用料とか看護料とか

意味不明の請求が多いです。


てんとうむし救急車

ありますが、病院が所有しているもので、有料です。

バンコクのひどい渋滞を考えたら、迎えに来てもらうより

自分でタクシーつかまえたほうが早いし安いです。

ただ、無料送迎のシャトルバスは各病院から出ています。



病院日本人がよく利用するバンコク3大病院病院

1バンコク病院 www.bangkokhospital.com/jp/
(日本語専用:02-310-3257/089-814-3000)


「3大」と書きましたが、私の周囲でここを利用したことがあるのは数人。

ペッブリーから少し入るので、スクンビットに住んでる人には車がないと不便かな。

(無料のシャトルサービスもありますが本数が少ない)


ただ、スクンビット東側に住んでる人にとっては

混んでるスクンビットを通ってサミティベとかバムルンラードに行くよりも、

高速降りてすぐなので楽なんだそうです。


実際に通った人の意見を聞くと、対応がかなり良いらしい。

タウが行った時の通訳さんはちょっとあれれ?な日本語能力でそれ以来

行ってないのですが、他の人の話を聞くと通訳さんのレベルが高いらしい…。

JMS(ジャパンメディカルサービス)クリニック有。


2バムルンラード病院 www.bumrungrad.com/thailand-hospital-jp/

(日本語専用:02-667-1501 ※24時間)


BTSナナが最寄り駅(シャトルバスの送迎があります)。


プルンチット付近に住む日本人はこちらに行くことが多いです。

3つの病院の中では一番豪華かな?

日本語ぺらぺらの日タイハーフの先生や、

日本の医師免許をもつ日本人医療コーディネーター(産婦人科)、

タイの医師免許を持つ日本人医師(内科)がいます。


場所の関係で、アラブ系の人多し(ショック!香水が臭いの!)。

そのせいか、診察前に宗教系の確認事項多いです。

産婦人科は予約していても、かなり待たされます。


待合室に無料の飲料水、野菜ジュース有。

診断書は無料

※ただし国民健康保険等の書類を日本語に翻訳するのは有料だそうです。
 タウが保険会社に後日提出する診断証明書(英語)も有料でした。


3サミティベート病院 www.samitivejhospitals.com/home_inter/jp

(日本語専用:02-381-3491/夜間直通081-906-2958)


スクンビット49にあるので、スクンビット周辺の日本人が利用しています。

(シーナカリンにもあり、そちらには子ども専用病棟があります)

場所柄日本人の利用者が多いので、良いうわさ、悪いうわさ、両方聞きます。

先生、通訳さんによってかなり対応が違います。事前のリサーチが必要。


母乳育児推進病院です。産婦人科は最近新しくなりました。

小児科内に日本人窓口があり、保険診療でも本館の日本人総合窓口を

通らずに直接行けます。


待合室に無料の飲料水有。

診断書、後日請求の診断証明書ともに無料

※後日書いてもらう場合、依頼した時に対応した通訳さんが書類の担当となり、

 その後当人でないと進行状況を把握できないので、当日依頼することをお勧め。



病院その他日本語対応の7つの私立病院病院

スクンビットから離れるためか、日本人駐在の利用はあまり聞きません。

日本人にあまり出会わないので不妊治療とかには逆にいいかも?


・プララーム9病院

(タイ人には「ローンバーン・パランガオ」と言った方が通じます)

www.praram9.com/jp/index.php

・ピヤウェート病院

www.piyavate.com/index_jp.php

・BNH病院

www.bnhhospital.com/en/default.aspx

(日本語専用02-686-2700#3393)

・ラムカムヘン病院

www.ramhospital.com/jindex.htm


あと、バンコクじゃないけど…

・プーケット国際病院(旧名:シリロイ第2国際病院)

www.phuket-international-hospital.com/japanese/index1.htm

・バンコクパタヤ病院

www.bangkokpattayahospital.com

・ランナ病院(チェンマイ)

http://www.lanna-hospital.com/

・バンコクフアヒン病院NEW ※日本語通訳はテレビ電話

http://www.bangkokhospital.com/jp/



参考:

在タイ日本大使館 

トップページタイ滞在豆知識医療情報医療機関 > 1. バンコク周辺

www.th.emb-japan.go.jp/jp/mamechishiki/hospital.htm#bangkok

WOM(フリーペーパー)>病院・クリニック

www.wom-bangkok.com/shop/c/hospital.html

WOM(フリーペーパー)>病気・病院

www.wom-bangkok.com/content/hospital.html

ワイワイタイランド

www.waiwaithailand.com/list/thailand/hospital.html


バンコク子育て情報【目次】

バンコク医療・生活【目次】

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。