「倉橋勝の喜劇向上委員会」後日談。ここだけの話!実は、〇〇でした~。 | 東京の喜劇団R・プロジェクトがシュールコメディで劇場を笑いの渦に!

テーマ:
「倉橋勝の喜劇向上委員会」後日談。ここだけの話!実は、〇〇でした~。


毎度おさわがせしております。倉橋勝です。



さてさて、「倉橋勝の喜劇向上委員会」がおわって、4日が経ちますが、

最近のボクはといいますと・・・、

これでもか!っていうほど、寝てます。

これでもか!っていうほど、ゴロゴロしてます。

だって疲れたんだもん。

だってこれからまた、次の公演に向けて疲れるんだもん。

休めるうちに、休みます。

来週あたりから、動き始めます。

・・・・・


はい・・・「倉橋勝の喜劇向上委員会」後日談、ということで、

ここだけの話!とまあ、そんな大そうなことではないのですが、

言っちゃいますと、

今回のこの作品、

実は、

・・・

台本がありませんでした。

・・・

はい、そうなんです。


まったく台本がないんです。

稽古初日に、そのことをキャストに伝えた時のキャストの青ざめた顔を今でも忘れません。

まあそれでも、なんとか最後まで、この台本がない芝居、台本がない稽古についてきてくれました。

もちろんボクも、台本がない芝居は初めて。

はい・・・

台本がないのに、どうやって作品を創りあげたか、

どうやって稽古をしたのか、気になると思います。

基本的に毎回エチュード(即興演技)・・・です。


台本がないので、それしかやりようがありません。

エチュード(即興演技)の中で、キャストの面白い個性、キャラクター、ネタ、ギャグ、会話のやりとり、を、ビデオに撮って、

それをあとでボクがつなぎ合わせただけです。

はい・・・、

まあ、そんなこんなで、なんとか作品になりました。

二度とこんな無謀なことはやらないでしょう。

そういうことだったんですねえ~。

今日はそういう裏話でした。

それではまたです。




喜劇団R・プロジェクト:倉橋勝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント