週末ディナー♪

テーマ:

 

 

 

 

久々に蒸し暑い夏日の戻った土曜日

 

知人が港区にオープンしたレストラン


オルディヴェール Ordi-verre

 

こちらに参上してきました

 

 

ここ10年余り 毎年のように

 

お祝いランチで訪れていた

 

☆フレンチレストランでのソムリエと

 

マネージャーを兼任されていた方が

☆他レストランのシェフと共に

 

ついに独立されたからなの祝日

 

 

 

 

 

 

場所は白金

 

四の橋に近いビルのB1

 

 

本来は2日に予定していましたが

 

大型台風襲来ということで

 

1週間ほど先送りということに。。。

 

 

 

 

 

ふうっ!夏日のシャンパンキラキラ

 

冷え冷えと喉を潤して美味しいこと

 

 

 

 

 

 

 

凹凸のある漆喰壁に

 

深い色合いの木の材質が活かされた

 

落ち着きある店内。。。

 

 

こんなダイニングが欲しいキラキララブラブキラキラ

 

趣味趣向がピッタリなのですもの

 

テーブル左手に小窓が見えるでしょう?

 

 

 

 

 

 

この小窓のある壁の向こう側は

 

部屋形式のワインセラーなの

 

400本収納可能だそうですシャンパン

 

 

主人の羨ましがりようといったらゲラゲラ

 

 

 

 

 

 

Barカウンターではワイン片手に

 

アラカルトメニューもイケそうはーと

 

ちょっと大人でcoolじゃない?

 

 

 

 

 

 

 

そんな我々のオーダーは

 

わたしは“シェフのお任せコース”

 

主人は“プリフィクスコース”

 

 

 

 

 

 

アミューズブーシュから

 

先ずは2人共

 

『鳥取トマトのガスパッチョ』

 

主人には続いて

 

『トリュフ風味の大山鶏』

 

 

 

 

 

 

 

主人はロゼを楽しみながら。。。

 

 

 

 

 

 

オードブル 1皿目

 

わたしは『野菜の宝庫TOTTORI』

 

主人は

 

『エスカルゴ ブルゴーニュ風 2015』

 

 

 

 

 

 

 

オードブル2皿目

 

『かぼちゃのラビオリ ソースマデラ』

 

このマデラ酒のソースが美味しくて

パンのお代わりして拭いとりましたラブラブ
 

『海藻農法の泉両ナスと ごぼうサラダ

鴨の砂肝のコンフィ』

 

 

 

正直なところ...この時点で...

 

既に お腹いっぱい~笑い泣き

 

いやぁ、今後はアラカルトで

 

勝負すべきかもですにひひ

 

 

 

 

 

いよいよのメイン

 

『ロゼール産仔羊の煮込み

アンティーブと共に』

 

わたし的には少々甘味が強かったかも?

 

 

 

主人は『今日の魚』:鰆

 

皮側のみカリリと焼いて香ばしく

 

ソースとの相性も良く

 

リゾットが添えられてgood(Θ_Θ)

 

 

 

 

 

 

 

デセール登場

 

『とうもろこしのパルフェ』

 

とうもろこし酒ブラントンで香りづけされた

 

大人のパフェです

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、満足満腹なりよハート☆

 

それでも・・・

 

プティ菓子も...平らげましたわ((ゲラゲラ))

 

 

 

 

 

 

 

開店と同時入店ゆえ

 

コミュニケーションも取れる余裕あり

 

他のテーブルの皆さまを残し

 

我が仔の待つ家に帰ることに

 

いたしましょう

 

ねこ:よいこでまってまちキラキラ

 

{8A02367E-6402-43F5-9ED3-3D332EA35886}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段を上がりきるまで

 

お見送りくださるオーナー&シェフ

 

 

若いおふたりの ご活躍

 

今後とも応援しておりますはーと

 

また伺いますねバイバイ

 

 

 

 

 

 リンクの仕方判りません

  クリックくださいませ

        下差し

http://www.ordi-verre.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


猫との暮らしランキング

アップ

お留守番べべたんに
ポチッと
にくきゅうpink宜しくおねがいします

 

 

 


グルメランキング

アップ

若いシェフとオーナーソムリエに
ポチッと
肉球応援おねがいします

 

 

 

 

 

ワインナポリタンkieleナポリタンワイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(8)