人間の可能性 | 人生を変える『気づきの思考法』~アドラー心理学に学ぶ人生の迷路の脱出方法~

人生を変える『気づきの思考法』~アドラー心理学に学ぶ人生の迷路の脱出方法~

仕事、恋愛、結婚、人間関係。人生がうまく行かない。変わりたい。

今の人生を変えたい、人生の迷路から抜け出したい、そう思う人は、アドラー心理学をベースにした『気づきの思考法』を学んでください。
自らが演じている自己欺瞞に気づき、必ず変わることができます。


テーマ:

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

心理コンサルタントの白瀧です。

 

さて、昨日紹介した、児童精神科医のブルース・D・ペリー氏の著書『犬として育てられた少年』の中には、表題にもなっている、犬のように育てられた少年の話が載っています。

 

少年の母親は、15歳で彼を産むと、産後二カ月でこの世を去りました。

 

彼は、母親の死後、祖母に引き取られて育てられるのですが、この祖母も、彼が生後11カ月のときに亡くなりました。

 

身内のいなくなった少年は、その後、祖母の同棲相手であった60代の男性に育てられることになります。

 

この男性は、軽度の知的障害があったらしく、残念ながら、子どもを育てる方法をまったく知りませんでした。

 

そして、彼は、犬のブリーダーをしており、決して悪気があったのではないのですが、その知識を子育てに応用してしまったのです。

 

つまり、赤ちゃんを犬の檻の中に入れ、犬と一緒に育てたのです。

 

少年は、五年間を、犬の檻の中で過ごしました。

 

彼は、6歳のとき、重症の肺炎で入院することになるのですが、野良犬のように言うことを聞かない少年は、皮肉にも、簡易な檻の中に入れられたベビーベッドで治療を受けていたのです。

 

このとき、排せつ物や食べ物を投げつける彼を

 

「なんとかして欲しい」

 

と依頼されたのが、著者であるペリー氏です。

 

6歳の少年は、言葉を話すこともできず、スプーンやフォークを使って食べ物を食べることもできず、歩くことさえできませんでした。

 

ただ、犬のように座っては、鼻唄のようなうめき声をあげ、数分ごとに怒ったような金切り声をあげるだけでした。

 

彼の脳は、人間としての刺激を受けなかったために、小さいままでした。

 

しかし、その後、この少年は、ペリー氏の献身的な治療の結果、驚異的なスピードで回復していきました。

 

やがて、彼は、話すことも、歩くことも、道具を使って食事をすることも、歯を磨くことも覚えるようになり、『人間として』の機能を取り戻していったのです。

 

人は、努力をすれば変わることができます

 

いいえ、人間の脳は、努力をすれば変えることができるのです

 

この少年は、そのことを、私たちに教えてくれています。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

心理学教育の必要性と『気づきの思考法』を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ 
にほんブログ村 

 
人気ブログランキング

 

自分を変えたい、人生の迷路から抜け出したい、

 

そう思う方は、


『気づきの思考法テキスト』を読んでください


→詳しくはコチラ 

 

ペタしてね

心理コンサルタント  オフィスM.F.Tさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス