人は、理解できないものを排除しようとする | 人生を変える『気づきの思考法』~アドラー心理学に学ぶ人生の迷路の脱出方法~

人生を変える『気づきの思考法』~アドラー心理学に学ぶ人生の迷路の脱出方法~

仕事、恋愛、結婚、人間関係。人生がうまく行かない。変わりたい。

今の人生を変えたい、人生の迷路から抜け出したい、そう思う人は、アドラー心理学をベースにした『気づきの思考法』を学んでください。
自らが演じている自己欺瞞に気づき、必ず変わることができます。

ご訪問いただき、ありがとうございます。


心理コンサルタントの白瀧です。


さて、私たちは、異質なものや自分が受け入れられないもの、変だと思うものに対して排他的であり、攻撃的であり、それを排除しようという行動に出ます。


多くの場合、私たちは、異質なものには、ある種のレッテルを貼り、それをバカにし、非難し、攻撃します。


これは、私たちが、未知なるもの、理解できないもの、分からないものに対して恐怖や不安を感じるからです。


本来、人間の特徴は、その大いなる好奇心にあります。


それゆえ、未知なるものや理解できないものには興味を抱くはずなのです。


そうして、私たちは、さまざまな新しいことを取り入れ発達してきました。


それは、赤ちゃんや幼い子どもを見ればわかるでしょう。


しかし、成長の過程で、私たちは、自らへの自信を失い、そのために、自分の理解できないものに対して、好奇心ではなく恐怖を感じるようになるのです。


そして、その恐怖から逃れるために、相手を攻撃し優位な立場に立とうとするのです。


これが、大抵の場合、いじめへと発展していきます。


いじめとは、いじめる側の恐怖の裏返しと言っていいでしょう。


しかし、相手を攻撃しても、恐怖や不安は消え去りません。


それゆえ、常に相手を攻撃していないと、恐怖や不安から逃れられないのです。


それよりもむしろ、相手を理解しようとすることです。


相手を理解することができたとき、私たちの恐怖は消え去るのです。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


心理学教育の必要性と気づきの思考法を広める活動をしています。


↓ご協力のほど、よろしくお願いします。

にほんブログ村

幸せになりたい方は、


幸せになるための気づきの思考法テキスト


「気づきの思考法養成講座ー総論ー」を読んでください


コチラ をクリックしてください。