こんにちは、

幼児教育トレーナーの大高あさよです。

 

自己紹介はこちら!

 

 

昨日のブログ記事では

≪怒りの使い方≫についてご紹介しました。

 

 

 

多くの方の
≪間違った怒りの使い方≫

 

 

相手の行動を変えようとして
 
相手が間違っていることを
怒りで表現している

 
でしたね。
 
 
この\勘違い/を訂正するために、
 
 
今日は、
≪怒りの正しい使い方≫
紹介したいと思います!
 
 
 
まず、

 
怒りの感情は、
自分を守るために使う
 
 
と昨日、お伝えしました。
 
 
 
具体的に、
どんな時に使うかというと
 
 
 
・・・・・
 
 
 
 
・・・・・
 
 
 
 
自分や自分の大切なものが
危険な状況の時
 
 
に使います。
 
 
 
例えば、子どもが、
車にひかれそうな時、
 
「怒り」の感情を感じて、
子どもを危険から守ります。
 
この時の状況を
イメージすると分かると思いますが、
 
怒りの感情は、
\瞬発力/が大事です。
 
 
 
すぐに動けないと、
子どもは車にひかれて
死んでしまいますからね。
 
 
 
怒りを感じた時を
 
「頭にカッと血がのぼる!」
と表現することがありますが、
 
 
まさに、
火山が噴火するように
 
すぐに怒りのエネルギーを
感じられることが重要です。
 
 
 
 
 
子育てで、
子どもに怒ってしまう時も、
 
その怒りを、止めることって、
結構難しいですよね?
 
 
だって、
 
怒りは瞬発力だから
冷静に止められるものではありません。
 
 
 
重要なので、
もう一度言いますが、
 
 
怒りの感情を、間違った場面で
使うことが、問題なだけです。
 
 
 
 
もし、あなたに
 
「子どもに怒りたくないのに、怒ってしまう。」
「子どもに、怒って言い過ぎてしまう・・・」
 
という悩みがあるなら、
 
 
間違った怒りの使い方
変えるために
 
正しい怒りの使い方
練習すること。
 
 
これが必要です!
 
 
 
あなたは今、
 
自分が危険な目に合った時に、
すぐに、自分を守れていますか?
 
 
 
例えば、
 
会社の上司に暴言を吐かれたり、
夫に浮気をされたりしたときに、
 
 
相手に怒るのではなく
 
「私がダメだから・・・」
って考えていませんか?
 
 
コレ、
めっちゃ問題だということ
分かります?
 
 
「私がダメだから・・・」
と、自分が悪いと考えがちな方は、
 
怒るべき時に
怒れない人ですから、
 
≪正しい怒り方≫
練習しましょうね。


≪正しい怒り方≫では、

大声を出したり、怒鳴ったりせず、
言葉を一切使わず、怒るのがポイントです!
 
 
この≪正しい怒り方≫の練習方法
私の非公開のメルマガで、お伝えしますっ!


知りたい方は、
下記の無料メール講座にお申込みくださいませ。



ちなみに、
 
「私がダメだから・・・」
と考えがちな人は、
 
自己肯定感が非常に低いので、

 
絶対、【無料】メール講座
自己肯定感を上げる方法を学んだほうがいいですよ!
 

 

▼【無料】親子の自己肯定感が高まる!メール講座は、こちら!

https://www.reservestock.jp/subscribe/149627

(リンクをクリックしてくださいね!)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

3大プレゼントを差し上げています!◆
 

 

子どもの”EQ””IQ”を同時に高める!
魔法の子育て3ステップ≪3大プレゼント付き≫


↓ ↓ ↓
https://autosns.me/cp/phgliDcmaU