こんにちは工藤です。


最近、土曜日のレギュラーメンバーになってきた山口さん、橋田さん。
とにかく強くなりたい山口さんと痩せたい橋田さんでバランスボールをしました。
体幹とバランス感覚を鍛えるバランスボールは二人に最適なトレーニングメニューです。

 

山口さんは柔術の動きに特化したエクササイズをしました。

 

 

またぎパスガード

相手をまたいでパスガードしようとしたときの動きです。またぎパスをして相手は何もしないわけはない、必ずガードしたりカウンターで捕まえてスィープを狙ってくるはずです。そのときバランスを崩さずに落ち着いて対応する。まさにバランストレーニングですね。

 

ニーオンザベリー

こちらはニーオンザベリーをイメージしてます。片方の膝で相手を抑えたところからもう片方の膝に切り替える。ニーオンザベリーをして抑え込まれた相手は必ず暴れてきます。そこで状況に合わせていくらでも切り替えることができます。

 

 

腕立て伏せ

バランスボールの上で腕立て伏せ。ボールがグラグラするのを抑えながら安定して腕立て伏せをするのですが意外と難しい。どちらかといえばプランク的なトレーニングになります。決して柔術特有のものではないですがブラジリアン柔術でも有効な動きだと思います。特に橋田さんは自分の体重を使って戦うのが得意なのでこのトレーニングは必須ですね。相手に体重をかけるって簡単な動作ですがそれが戦いの場になるとそんなに単純ではありません。いかにバランスよく体重をかけられるかで相手に与えるプレッシャーは違ってきます。

 

両手両足でキャッチボール

両手もったり両足でもったり、単純に持ち帰るだけの動作です。バランスボールは不安定なもの、最初は簡単ですがやっているうちに「あれ!」と言って落としそうになります。柔術的には両手両足でガードをするときの足の動きに効果がありそうです。それとレッグレイズの効果もあり、ガードポジションが苦手な橋田さんによいトレーニングだと思います。

 

最後にバランスボールの上で立ってみました。すごいことには変わりないのですが、ブラジリアン柔術で相手に乗っかることってあまりないですよね。それでも立った時のバランス感覚を養うのに大事です。

 

 

バランスボールを相手に見立てる

バランスボールを相手に見立ててトレーニングをする方法はここで紹介したものの他にもたくさんあります。人間を相手にやっても良いのですが単純にテクニックやパワーとは違う目に見えないバランス力を鍛えるのにとても良いですね。

長年ブラジリアン柔術をしていると単純に立ったり座ったり寝ていたりしているだけでも見ていると「この人は安定している」「この人は安定してない」というのがあります。体の形やポジション、テクニックは同じなのに安定してる人は技が決まったり防がれたり、逆に不安定な人は技が決まらない防げないといったことが多々あります。しかもそれは技を仕掛ける前からもうすでに分かったしまったりします。

テクニックやパワーを身に付けながらも一緒にバランス力を身に付けるといいですね。

 

一緒にブラジリアン柔術しませんか!!仲間募集!

禅道会小金井道場では毎週木曜20時、土曜19時よりブラジリアン柔術クラスを開いてます!

小金井市(武蔵小金井、東小金井)、小平市(小平、花小金井)、西東京市(田無)周辺にお住いでブラジリアン柔術に興味のある方、ぜひお越しください。

詳しくはこちらのリンク先を見てください。

http://www.zendokai-tokyo.com/