第13回全国道場交流合宿 | フィジカル運動教室 http://www.aso-spo.net/
新型コロナウイルスに関する情報について

フィジカル運動教室 http://www.aso-spo.net/

愛知県岡崎市で活動しています、子供たちが遊びスポーツを通し楽しみながら、心と身体の根っ子を育むための教室です

校長先生のつぶやき

明けましておめでとうございます


2020年1月15日
私の59回目の誕生日
今年最初のブログです

昨年は茨城国体、全日本空手道選手権大会と合わせて
12月19日〜21日
3年ぶりに行われた
ナショナルチーム強化選手選考会にも審判として参加させて頂き
そこで繰り広げられる
人生を掛けた選手たちの戦いに
改めて審判としての責任の重さを強く感じる機会となりました
そんな濃厚な時間を過ごし迎えた
東京オリンピックイヤー
2020年

2月2日(日)の事前打ち合わせ練習会を経て
2月29日、3月1日(土日)に開催される
第13回全国道場交流合宿
そのスタートは
13年前
当時、静岡の後輩の息子が全国少年少女大会で優勝したのをきっかけに
東海地区から世界チャンピオンを育てる会なる合宿をスタートさせたのが始まりです
当初は愛知県と静岡県の仲間内だけのものでしたが
その頃すでに
強化部会と合わせて審判としての活動で日本中を周っていた中
各都道府県の代表にはなったものの
本大会では
右を見ても左を見ても知り合いらしい知り合いがいない
そんな選手をよく目にしました
長年
緊張と不安で本来の力を出し切れないまま会場を後にする多くの選手の姿を目にしながら

仲間内だけの合宿は

「全国で会おう!」
を合言葉とした全国道場交流合宿へと進化して行きました

私自身
高校、大学での部活動としての空手道経験はなく

大会また強化に際しての強化練習会、遠征等
常に孤独感を持ちながら

ただ勝つ事だけを目指し勝つ事が全て
強くなる事が全てだと思い込み
過ごした日々の経験から

合宿で繋がる友情の先に
人生を通しての友との出会いがあり

合宿からそれぞれの地元に戻り
全国大会での再会を誓い合ったその想いが
更なる努力へのモチベーションの高まりへと繋がり

競技だけではない
世代を超えた繋がりの大切さを感じ学び

それが
人としての思いやり
優しさ
心配りや協調性
自主性主体性などの情操面を育む機会となる

合宿を始めて13年の歳月が流れる中

各大会会場
全日本空手道連盟ナショナルチーム選考会等の会場でも選手たちが私のところに来て
僕は
私は
小中学と先生の合宿にずっと参加していましたと挨拶に来てくれたりする事もしばしばです

誇らしげに
胸に日の丸を付けた
逞しく成長した子どもたちと再会する度に
この合宿の意義と責任を強く感じる日々は
今も
これからも続いて行きます

今年も
生和会一丸となり皆さんをお待ちしています

未来は子どもたちが勝手に創っていくものではありません

その環境を整えて行くのが私たち大人の責任であると強く感じます

私には伝えたい想いがあります

岡崎で会おう!!

生和会代表
伊藤勝治