【「えがお」になる おまじないとは 】 | 笑顔でHappy 子育て ライフ ~笑楽穂~えがお

笑顔でHappy 子育て ライフ ~笑楽穂~えがお

長野県佐久市。ベビーからの運動教室主宰・笑う幸せ講演会数述べ500箇所以上 佐藤志穂です。3児の母として、一人の女性として、私らしく輝いて、生き生きと笑顔で過ごしています
~出会う全ての皆様に笑顔と喜びを~
HP http://egao-shiho.com/

【自分の「心の声」に素直になってみませんか?】

 

 

 

「えがお」➕「体」➕「心」➕「脳」を育む運動遊び巡回。専属で、10園巡回中。

昨日午前は「年長組」と最後の運動あそびでした。

「もっと志穂先生と運動あそび楽しみたかった〜〜」

って泣いちゃう子どもたちも。

子どもの心は素直ですね。大人も悲しいときは

思いっきり声出して泣いたらいいのです。

大人も、嬉しい時にはわ〜〜って声出して喜びましょう。

 

 

感情表現が乏しい子どもが増えています。

それはなぜでしょうか?

生活の中での小さな喜び や 幸せ を

大人が感じていますか?

 

運動教室で出会うママたちも仕事復帰する前には

子どもとの時間 がゆっくり流れていたのに・・・仕事が始まると・・自分の身支度・子どもの保育園の送迎仕事・合間に朝ごはん・夕ご飯作り・・そして洗濯・・・

自分の心の中がどんな状態なの??

って「心」の声を聴く時間も取れないほど

「時間に追われてしまう」のだとか・・

 

 

つまり「えがおになるおまじない」とは

子どもとの「会話」時間や

「えがお」になる時間=あそび時間

あそび時間が少ないということは

自分の感情に「ふた」をしてしまうのと

同じですよ。

だから、今、「さみしいよ」「助けて」の声が

心の中にあるのに言えなくて・・・

「誰も聞いてくれないし」・・「私なんか」「僕なんか」

と感情を抑えるようになってゆくのです。

 

大人も子どもももっともっと

「じぶんの心の声」を大切にしよう!!

 そのためには「体」と「心」のスイッチを

入れる居場所と仲間 が必要です!!

 大人も子どもも「心」と「体」が「えがおになれる」居場所

作り今、ここから 日本中のみなさまにえがおの花を咲かせます。

 

その熱い思いに至った経緯は

こちらから無料で公開します!!

心から幸せを感じ、イキイキと日々過ごせる

「笑顔の体操プログラム」を日本中に増やしていく

仲間を募集します。

 

こちらから情報を配信します。

興味のある方はぜひご参加ください。


『えがおの体創プログラム』
もうすぐ無料公開スタートします!
くわしい情報は

↓     ↓     ↓


佐藤志穂オフィスシャルホームページ