KDVダンス&ボーカル教室

KDVダンス&ボーカル教室

楽しく歌って踊ろう!
幅広いジャンルのダンス&ボーカルの基礎習得から歌って踊るパフォーマンス。
初心者からプロ志望までOK。

<KDVダンス&ボーカル教室>
幅広いジャンルのダンス&ボーカルの基礎習得から歌って踊るパフォーマンス。初心者からプロ志望までOK。

【ジュニア】 3才~小3 【シニア】 小4~一般

☆入学・体験随時受付中☆

【東京】NEW東村山(直営)
【神奈川】港北橋本

【公式HP】 www.e-na-se.com/kdv/


こんにちは!
今日は、ボーカルレッスンです。

ジュニアは、はじめに、ストレッチ、呼吸、声出しをしました。
今日は、2番のメロディーをしっかり確認しながら、歌いました。
それから、ハモりを練習しました。
苦手そうだった着地音、高音なども自信を持って歌えていて、とてもキレイな歌声でした!

シニアも、はじめにストレッチ、呼吸、声出しをしました。
今日は、ゆっくりのテンポで、詳細確認してから、本番通りで練習しました。
歌声も、切り方も良くなって、とてもカッコよかったです!本番が楽しみです!


☆参考曲
ジュニア
「青空に深呼吸」
シニア
Official髭男dism
PANDORA feat.Beverly
「宿命〜Be The One」

本日は、3/1(日)橋本ステージの合同リハです。

 

私が撮影準備をしている間に、自分達で準備運動。

特にルーティンの準備運動が無いとの事でしたので、いきなりダンスするとケガする可能性のある関節を下から自分達で考えて体操です。

ダンス同様に、8カウントを発声しながら、角度や動作など細かい所も意識しながら全員で揃えます。

 

最初に、ステージ用の振付を確認です。

側転するダンサーの位置が、ステージ落下やメンバーとの衝突のリスクを感じました。

生徒達と協議の上、リスク回避する振付に変更し、撮影に入りました。

振付変更箇所は、ダンス講師に最終確認を得るように生徒へ案内です。

 

本日は、ムービー撮影用に可動範囲を狭くして、画面からはみ出ない事を求めました。

ライブステージの際は、ステージを広く使って頂ければと思います。

 

【ジュニア】
私が撮影準備をしている間に、普段講師が行っているストレッチを自分達で行います。
今回は私の指示なしで、定時前から自分達で開始です。
8カウントを数え、向き合いながら、約10分様々なストレッチを行いました。
 
3/1(日)橋本ステージに向けた映像撮影です。
今回はクロマキー撮影を行いました。
映像撮影は広いライブステージとは違い、幅2mの狭い中でセンターと自分達の位置取りを意識しながらダンス&ボーカルです。
当初は、画面からハミ出していましたが、持ち前の修正力で時間内にて撮影完了です。

 

 

【シニア】
シニアもジュニア同様に撮影です。
約2ケ月前の代講から中1生徒の変声期が、かなり進んで声変りしていました。
低音が太くなり、一時的に出辛かった高音も戻って来ました。
これから、声変りした声でますます表現力が増すかと思いますので、楽しみです。
ジャケットを格好良く舞わすこと、体のひねりを使って3次元に見せること、拳の握り方などをレクチャーです。

 

 

 

 

 

こんにちは!
橋本教室ダンス担当のMOMOです♪


2月に入りました!
あっという間ですね。


ジュニアクラスは年長さんです。
リズム取りやステップを練習しましたが、
右、左手を伝えてもなかなか分からない方が多いので、
まずは真似をする事から沢山始めて頂ければと思います!

子供は成長が早いので楽しみですね♪


シニアクラスは来月の発表会に向けての練習です。

だいぶまとまってきたので、
今回から鏡なしでの練習をはじめました。


鏡があるのとないのとでは全く変わるので、みんなも少しびっくりしていた様子ですが、
しっかりと踊ってくれました!


あと1回練習したら発表会です。
ワクワクします^^


ジュニア/ハイスクールミュージカル3
シニア/宿命 Official髭男dism
Be The One PANDORA
こんにちは!

フルコーラスの振付をメインに一気に後半進みましたが、3人の集中力がとても素晴らしく、レッスンもいつにも増して熱が高まっていたように感じます!
今までについている振付も少し工夫してアレンジしてみたり、3人はその変化をしっかり楽しんで踊ってくれているようにも感じました。振付をしっかり丁寧に踊る心がけは大事なので、とても良い傾向だなと思いました。

あと残すところ本番前一回のレッスンですが、3人のいつものチームワークとこれまでの成果を最後まで私も出し惜しみすることなくレッスンしていきたいと思います!



2週連続のボーカルレッスンとなりました。

 

先週やったばかりなので、アドバイスをまだしっかり覚えていたせいか

みんないつもよりもかなりいい感じで歌えていて、新しいアドバイスをいくつもすることができました。

 

ジュニアもシニアともにストレッチ、基礎トレ、呼吸法、発声、リズムトレーニングを前半に行ってからの歌唱トレーニングでした。

ジュニアはインプロの要素を取り入れて、リズムに合わせて感情のキャッチボールをやりました。

2人ともとっても楽しみながらやってくれていました♪

 

3月のステージ用の曲が1曲増えたので、参加しない生徒さんも一緒にその曲を一度歌い、

次は参加しない生徒さんがパフォーマンスを見てあげてアドバイスをしてもらう形式をとりました。

パフォーマンスする子は本番を意識してできるし、アドバイスをする役の子は、人を見る・聞くことで

より深く曲に対して考えることができるので、通常レッスンでも時々やっていますがかなり効果的だなぁと思っています。

その後2人で出るステージの曲を歌詞を読み、歌ってもらいました。

先週アドバイスしたところがしっかりとできていたので、今日は表情・目線などのパフォーマンス部分を重点的に。

次回もこの調子で♪

 

シニアは苦手な部分を徹底的に。

ラップ部分のブレス位置をもう一度確認。

リズム・音程をオケなしでリズムマシンとピアノメロだけで何度か確認。

 

動きは、ダンスで後ろに行き過ぎてしまうので、前後を区切って意識するように。

 

その後、オケでやりました。かなり良くなっています♪

ラップと共に、ダンスのキレや動き方がもっとよくなるとかなりかっこよくなるはず。

 

忙しそうですが次回もこの調子で頑張ってもらいたいです♪

 

こんにちは!
今日は、ボーカルレッスンです。

ジュニアは、はじめに、ストレッチ、呼吸、声出しをしました。
今日は、2番を練習しました。朗読してから、Aメロとサビのメロディーを確認しながら、歌いました。
歌詞が明るく発音できて、メロディーもきれいなトーンで歌えていて、とても良かったです!

シニアも、はじめにストレッチ、呼吸、声出しをしました。
今日は、ゆっくりのテンポで、歌詞の切り方伸ばし方を気をつけながら練習して、マイクを持ちながら歌いました。
スローテンポでも、歌詞のリズムがカッコ良くなって、マイクもしっかり持てるようになって、とても良かったです!


☆参考曲
ジュニア
「青空に深呼吸」
シニア
Official髭男dism
PANDORA feat.Beverly
「宿命〜Be The One」

挨拶からSTART。
レッスン開始時刻までに、生徒自身でマイクスタンドと譜面スタンドの高さ調整をします。

最初に1コーラスDUB確認です。

前回は口角上げに時間を費やしましたので、今回は歌う楽曲のピッチと発声を詳しく理解します。

まずは、アーティストがライブで歌う映像をyoutubeにて確認しながら、裏声の部分を歌詞ノートに記入し、裏声の歌詞を一文字単位で把握です。
ウィスパーで歌うところ裏声部分を混同していましたので、違いをレクチャーです。
また、アーティストの体の動かし方を見ながら、リズムを裏拍で取っていることを理解です。

今回の曲は、高い部分と低い部分の声が出ない部分が、各1ケ所有ります。
生徒の高音域は、Cまで地声でDからCまでは裏声で綺麗に出ます。
苦手な高い部分は、GとF#の裏声の為、生徒の最も得意とする裏声域内を理解です。
発声が難しかったのは、「はなよ」の単語で、地声から裏声の切り替えに苦戦していることが判明です。
実際の音を鍵盤で教えて、自分で鍵盤を引きながら何回も練習です。
こちらは生徒の音域内ですので、自主練すれば、間違いなくクリアできます。

次は、低音域です。
生徒の限界低音Gに対して、この曲の最低音Eの為、カラオケ機械でいうと、-3低音域を下げなければいけません。
低音の出し方をレクチャーして、何とかFまでは下がりましたが、あと-1は下がりませんでした。
自主練方法と、最悪下がらない場合のライブとレコーディング方法の対処法は有る旨を伝えました。

ここ数年、生徒自身の自分の限界音域付近の楽曲を選択して、発声に苦戦しています。
次回の選曲からは、自分の音域と楽曲の音域を事前確認した上で、生徒音域内にて気持ちよく歌える楽曲を選曲したいと思います。

 

ジュニアはストレッチ、リップロール、タングトリルの基礎トレを終えてから発声練習

久しぶりにリズムトレーニングもやってみました。

 

ジュニアはリズムに合わせて別々の動きをしたり、別々のリズムで声を出してみました。

楽しみながらリズムに合わせ自分で考え、表現することが自然に身についていきます。

 

その後歌詞の朗読をしました。

言葉の1部分が抜けたまま覚えていると、歌ったときに譜割が合わずリズムがずれていくので

今のうちにしっかりと歌詞を覚えて歌えるようにというのが1つ。

大きな声でしっかりと歌うために、まずは大きな声で元気よく読むというのが1つ。

読みながらどんな表現にしようか考えるというのが1つ。

 

読むだけでもこんなに歌うことの練習になるんです。

その後歌うと歌詞がきちんと頭に入っているので、歌詞の覚え間違いによるリズムのズレがずいぶん減りました。

サビ部分のピッチの低さを意識したり、ダンスと歌、ともに急いでしまう部分を直し

最後に2回通して歌いましたが、とっても元気よく歌って踊れるようになりました。

 

シニアも朗読。ラップ部分の活舌に注意をしながら読みました。

歌詞カードの英単語が間違っていたため、発音をごまかしていた部分がありましたが

正しい発音がわかるとよりしっかりと声に出せるようになりました。

 

Aメロ部分の細かい音程や、語尾でフラットしてしまうところがあるので

ピアノと一緒に音程確認。

 

その後通して歌い、ダンスの動きで後ろに下がりすぎるところを一緒に確認しながら

ラップ部分の歌いまわしのレクチャー。

 

細かい部分に注意しながら自宅で練習を積んでくれれば次回は

さらに一歩進んだレッスンができそうで楽しみです。

 

 

課題曲

「夢をかなえてドラえもん」

「if…」

 

 

 

 

      

2020年初のレッスン。

 

ジュニアは風邪気味の生徒さんもいましたが、頑張って元気に歌ってくれました。

サビの音程が低くなってしまうところがあるので、その部分を重点的に歌いなおし、

ダンスをしながらでもピッチを落とさず歌えるようになりました。

 

シニアは課題曲を変更し、前回のステージで歌った曲をさらに難易度をあげて挑戦することに

まずはリズム。ラップと歌、2つにチャレンジするので、これまで以上にリズムが大切。

 

そして、ラップにもフロウと言ってメロディーラインのようなものがあるので、

コード感を無視して棒読みにならないように、何度も練習。

 

ダンスをしながら歌、ラップと…。かなり難易度高いですが、前回のステージよりもいいものを

見せられるように3月のステージまでに仕上げていきましょう!

 

 

課題曲

「夢をかなえてドラえもん」

「if…」