10/21 高知県立中芸高等学校<文化庁>特別授業 | こどもアニメ声優教室☆授業日誌

こどもアニメ声優教室☆授業日誌

声は第一印象です。
発声や話し方でヒトは変わります。
体を動かしながら、美しく元気な発声・発音・滑舌を楽しく覚えます。
色々な演劇表現を学ぶ事で、表現力と自主・独創・積極性を身に付けます。
変身したい人から声優志望まで!
3歳から大人まで。


テーマ:
文化芸術による子どもの育成事業(文化庁)二回目は、高知県立中芸高等学校にてナレーション教室を行いました。


まず、呼吸や顔面ストレッチといった基本的なアップ作業を。
その後の滑舌練習では、代表して6人のメンバーにステージに上がってもらい、実際に読んでもらってから私がポイントを説明し、全校生徒で復唱するという形をとりました。

続いてナレーション実習。
先程とは別の6人にステージ上に上がってもらい、例文を読んでもらいました。
スタンドマイクを使う際、次の人の為に高さを調整してあげるといった心遣いや、原稿のおかしい点に気付けるかなど、現場で必要とされる細かい点などもレクチャー。
その後一人ずつ読んでもらい、無声化や姿勢、アクセントなどについて説明後、最後は私が読みました。
決してお手本などではなく、私ならこう読むというだけの例をやったまでです。
最後に、表現に正解はないということや、様々な声の仕事があるという話をし、一時間の授業は幕を閉じました。

兼定将司

こどもアニメ声優教室さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス