深い瞑想って何? | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v

 

 

アメーバのおすすめ?機能で、3年前に書いた記事が上がってきました、、ひらめき電球

 

 

ふむふむ、、なるほど、、笑

 

 

 

 

 

今思えば大分青臭いですが、なかなかです、、笑

 

 

 

さて、そんなわけで瞑想について一言、、瞑想を始めたりする中でしばしば耳にする言葉に、、

 

「深い」 とか、「浅い」 とかいう言葉、、ビックリマーク

 

 

「深い」 瞑想が良くて、「浅い」 瞑想はまだまだだ的な、、

 

「深く」 瞑想とはどういうものか、どうやったら 「深く」 入れるか、、などなど、、

 

 

 

そんな折、以前人伝いに聞いた話を思い出しつつ、、ある禅僧が先のような話を相談された際、、

 

一言、「深いって何?」 と言ったそうな、、、完了

 

 

その話を聞いただけでも、軽く噴き出してしまった以前の私でしたが、その場に居たらきっと笑ってしまっていたことでしょう、、

 

 

 

即ち、、この禅僧の意図は察するにただ一つ、、「深い浅いもない、ただ今!これだけ!」 ということなのです、、カギ

 

 

瞑想をすること自体は、「今ここに在る」 という真実に根差した在り様に立ち戻らせるために必要なアプローチであるとは思いつつ、、様々な情報があれやこれやと飛び交うスピリチュアルのジャンルの中で気を付けなければならないのは、、

 

 

その情報やアプローチが、「今ここ (真実) を外すものではないか」 という点です、、合格

 

 

つまり、「より良き」 瞑想を追い求めようとして、理想とする 「深さ」 を実現しようなどと思えば思うほど、、「今ここに在る」 からは遠ざかるばかりで今ここ (真実) を見落とし続けるばかりであるということです、、「深い」 瞑想を求める気持ちが高まれば高まるほど一向に今ここ (真実) と一つにはなることはないのかもしれません、、

 

 

過去記事ついでに、一休禅師の歌もよぎりつつ、、お願い

 

生まれ子がしだいしだいに知恵づきて仏に遠くなるぞ悲しき

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

 

ま、とは言いつつ、、よく言われる 「深い瞑想」 についての解説もある程度は必要な側面もあると思い少し書いてみると、、

 

これはある意味で、「今」 への帰還であり、溶解と言われるエネルギー的な変容の在り様です、、カエル

 

ま、と言っても、、何かものすごいものに変容するわけでも、次元?が上昇するわけでもありません、、

 

 

本来 「今」 そのものである私たちが、個体性の感覚が強まるあまり見落としていた在り様を思い出すといったもので、決して並外れてすごいというわけではないのです、、おいで

 

 

ま、よく見る例えでは、、海を泳ぎ回る魚が自らの故郷がまさに自分の居る大海であったことに気づくといったようなところのものです、、イルカ

 

 

個体性の感覚が常態化している私たちにとって、それがエネルギー的に溶解する在り様は時に心地よく、場合によってダイナミックな感覚すら感じられることもあるかもしれません、、これが冒頭から言う、瞑想における 「深さ」 の指し示すところだったりもするわけです、、

 

 

が、先にも書いているように、これは 「特別さ」 などでは全くなく、むしろこの上ないほどの 「当たり前さ」 と言うべきものであるわけですから、、これを 「求める」 ということ自体が完全なる真実への逆行と言っても良いわけです、、注意

 

 

 

ですから、瞑想においては、過去記事でも一生懸命書いているように (笑)、、ただ今ここに在るに徹すること、何かをしようとするすべての 「求める」 を諦め、何もしないことに明け渡すという練習をしてみると良いかと思います、、OK

 

 

マントラのような特別なアプローチを使わずとも、慣れてくれば、開始数秒のうちにクンダリーニというエネルギーの解放?循環?が起こるのが明らかに分かるようになります、、

 

ま、そうしたことが起こるのを例え認められなくても全くもってオーケーで、、瞑想の要諦は、「ただ今に在る」、これに尽きると言って良いのです、、ダルマ

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!流れ星