嵐においては嵐を生きる | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v

 

というわけで、嵐の二宮くん、松本くんとらと同様、、今さらながら年男なもんで、、いのしし

 

こんどの連休にて、36歳になりますZEN!台風

 

 

 

早いもので人生もう3周したようですが、、気づいたときには全くもって動いてないことに気づく摩訶不思議な世界ですね、、笑い泣き

 

 

ま、とは言いつつも、人生という映画においては、今ここというスクリーンに様々な日が映し出されます、、目

 

 

晴れの日、雨の日、曇りの日、、嵐打ち付ける日もあれば、猛烈な暑さ寒さに苛まれる日もしかり、、

 

 

 

けれどもその 「景色」 のすべてが、「今ここ」 ということに他ならないということを忘れなく、

 

どんなときも 「今ここ」 を生きることから離れずに居ることで、自然と、体感、あるいはエネルギーと言っても良いですが、、真なるものとの同調、調和を可能にするとも言えるでしょう、、合格

 

 

 

かつて、良寛和尚という禅僧が語ったとされることでは、、

 

災難に際しての心構えということで、こんな言葉が遺されています、、お願い

 


災難に逢ふ時は災難に逢ふがよく候

死ぬる時節には死ぬがよく候

是はこれ災難をのがるる妙法にて候

 

 

災難においては、災難を生きなさい、、

 

例え逃れたくて逃れたくて仕方のないような出来事に出くわした場合でも、

 

その時の 「今ここの出会い」 を完全に実現すること、、

 

これこそが逆説的なことに、災難を災難として忌み嫌い遠ざけるのではない、、

 

災難をある意味では、友として受容する生き方にして、災難を逃れる妙法なり、、(的なハリー超訳)

 

 

 

 

 

 

というわけで、誕生日には 「嵐」 の中 (笑) 思い出ソング、Love so sweet をノリノリで歌うZEN!カラオケ

 

 

 

 

 

※皆さま、台風十分にお気を付けください!

 

今日も読んで下さり、ありがとうございます!流れ星