エネルギーの統合って? | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v

 

私たちの存在は、常に 「今ここ」 に在るということは、、

 

 

言ってみれば、「今ここ」 の外側に行くことも、「今ここ」 から逃れることも本質的にはできないというわけです、、ひらめき電球

 

 

であれば、当然ながら、「今ここ」 に現れた相対的に見れば個人にとって 「不都合」 とされる出来事であっても、

 

それを一時的に避けたとしても、「そこから逃れようとする習慣的で反射的な自己 (防衛性)の感覚に気づいてそれをクリアにして行かない限り、分離的な不健全さは常に付きまとうことになると言っても良いでしょう、、ランニング

 

 

どうしたって、「その場所」 から逃れることなどできないのなら、、二元的な反応に引っ張られる意識の様相を手放し、出来事と一つになる方法、、「今ここに出会う」  ということへと一歩を踏み出してみます、、虹

 

 

シンプルに目の前の出来事に取り組むこと、どんな場であってもその場を徹底して生きること、、

 

これこそが、完全なる帰依の現れであり、相対的なエネルギーの誤解を溶かし非二元的な、開かれたエネルギーの交流・交感へと通じる禅が見出した智恵であると言えるでしょう、、合格

 

 

実際のところ、これが最も簡単に、そして即座に世界を変える方法と言っても良いでしょう、、秘密

 

 

二元的な誤解にとらわれた在り様は、逃げたり、避けたり、離れたりといったエネルギーの機能不全性を無効化することで瞬時にその場で転換します、、エネルギーの統合とは何か特別な取り組みが必要というわけではありません、、

 

 

本来すでにそうなっているわけですから、、あとはその見出し方の問題です、、禅はそれを簡単かつ、確実に実現する妙法を伝えているのです、、ひらめき電球

 

 

 

 

鈴木俊隆禅師の逸話より、、お願い

 

 

ある女性が彼女の夫について来て、禅の修行に参加する中早くも音を上げたときのこと、、

 

これは何かの間違いです!こんなことは続けられません!ガーン

 

私は夫について来ただけなんです!えーん

 

 

すると、禅師曰く、、

 

間違いなどはありません。もちろんあなたはここを去っても良い。

 

しかし、行くところなどどこにもありませんよ。

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!流れ星