受容とは、その場を生きること | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v

 

 

というわけで、昨日の白隠禅師ついでに、お願い

 

白隠禅師の有名な逸話がいつ振りか思い出されたものです、、(↓)

 


 

 

あらぬ疑いをかけられた白隠禅師が、「ほう、そうか」 と言って状況を全面的に受容したという、とんでも話ですが、、滝汗

 

 

 

懐かしのOSHOおじさんのこちらの話をまさに体現したかのような禅師の逸話でした、、目

 

 

禅の人にとって、問題などというものは本当に何一つない。

 

なぜならば、彼は物事を見てはそれらの自然さを受け入れてしまうからだ。

 

「水は緑」 ----- どこに問題がある?

 

「山は藍」 ----- どこに問題がある?

 

花は花、とげはとげ ----- 物事はそのありのままだ。どこに問題がある?

 

 

イエスもノーも言わずにしゃんとしたままでいられるだろうか?

 

イエスやノーを言いたい誘惑に抵抗できるだろうか?

 

何の審判もせずに、ただしゃんと目を見張り、

 

それがそこにあるということに注目するだけでいられるだろうか?

 

 

それならば、あなたは鍵を手に入れている。それが禅の鍵だ。それはマスターキーだ。

 

それはありとあらゆる錠前を開けることができる。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

 

白隠禅師がしたような、あるいは、OSHOが語ったような 「受容」 など到底できるものではないというのも当然ながら起こり得る反応ですが、、手

 

 

実際には、、「今ここに徹底的に出会う」、「今ここを完全に生きる」 という、

 

いわゆる一行三昧 ( 「一所」 懸命) なり、一期一会のような、禅の基本にして、真髄というべきやり方で、日々を生きるということを続ける中で、、少しずつそうした 「受容」 の体感は意識の中で育ってくるとも言えますし、

 

仮に、「受容する」 ということがどうしてもできないことであっても、その瞬間その瞬間の 「場」 を生き続けるという上記のような禅的態度で在ることによって、

 

 

図らずも、「受容」 の門を開くことを可能にするという妙法が実は禅のアプローチの中に隠されているというのも注目すべきことであると言えるでしょう、、秘密

 

 

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!流れ星