悟りを生きるとは | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v

 

 

とある禅の逸話より、、毎度ハリーアレンジでお送りします、、パー

 

 

ある修行僧が、午前中の修行を終え、昼食を食べ終わる頃のこと、、

 

 

よし、誰よりも早く昼食を食べ終えて、

 

老師のところへ一足先に行って質問しちゃおうZEN!!てへぺろ

 

 

 

そう思い立った修行僧は、、モリモリと食事を終えると、茶碗の類はそのままで、割り箸

 

後で片付けると他の修行僧に言い残し、食堂を颯爽と後にした、、ランニング

 

 

 

失礼します!老師!只今よろしいでしょうか?グーグー

 

 

 

おや、何だい?まだ昼時だというのに、、( ̄ー ̄)

 

 

はい!午後の修行が始まる前に、ぜひとも老師にお聞きしたいことがありまして、、口笛

 

 

ほう、聞きたいこと、、それは何かな??( ̄ー ̄)ノ

 

 

はい!ズバリ!禅とは一体、何なのでしょうか??

 

我々の修行には一体どんな奥深い意味が込められているというのでしょうか??チュー

 

 

 

禅、とは何か、、とな??( ̄ー ̄)

 

 

はい!よろしくお願いします!!おねがい

 

 

よかろう、、そう言えばお主、、食事は終えたのかな?( ̄ー ̄)ノ

 

 

はい!先ほど皆よりも早く終えてこちらに参った次第です!ウインク

 

 

茶碗や箸は洗い終えておるのかな?( ̄ー ̄)

 

 

いえ!まだ洗ってはおりません!それよりもまずこちらに来た次第です!プンプン

 

 

ほう、、ならば、教えよう、、禅とは、、( ̄ー ̄)

 

 

は、はい!!おねがい

 

 

茶碗を洗ってきなさい、、( ̄ー ̄)ノ完了

 

 

・・・・・!!!ガーン

 

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

 

というわけで、これは、あの喫茶去 (↓) でお馴染み、私の大好きな禅僧ランキング堂々一位の、、秘密

 

趙州禅師 (じょうしゅう) の逸話なわけですが、、

 

 

 

 

 

上記逸話は、、察するに、、あるがままの今ここに出会ってきなさい!ってなところで、、ひらめき電球

 

 

即ち、、食後、目の前にあったはずの、皿洗いという 「出会い」 を脇に置き、「自分 (の質問)」 を優先させる様相は禅にあらず、、

 

食事のあとは、皿を洗う、、

 

洗濯物が終われば、干して、乾かして、きちんとたたむのみ、、

 

車を乗るにしても、ドアを開け、カギを回し、ハンドルを握り、アクセルを踏みGO!

 

 

どんな瞬間にも、一つ一つの行為や取り組みといった 「今ここの出会い」 が常に在る、、

 

この 「今ここの出会い」 と一つになること、一つ一つを 「先へ」 と急ぐあまりおろそかにするのではなく、一つ一つに意識的に取り組み、「今ここ」 に意識を捧げるとした帰依の体感がいわば、キーとなり、カギ

 

 

その修行自体の在り様が、時に、あるいは、意識しているかどうかに関係なく、、非二元性 (リアリティ) の門を開くことを可能にするのです、、秘密

 

 

鈴木俊隆禅師の言うところでは、禅の創始者、ボーディーダルマこと達磨大師の仏教は、、

 

修行そのものであること、悟りそのものであること、、ということだったそうですが、、ダルマ

 

 

一つ一つの行為行動、取り組み、その瞬間の出会いに意識的に取り組むことは、虹

 

それ自体とのエネルギー的な 「分別」 性を超越し、行為に溶け去り、出会いの中に開かれた 「無分別性 (悟り) を生きる」 を体現し得るといったところが、いわゆる、禅が代々伝えてきた秘法というべきものなのです、、お願い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!流れ星