「在る者」は誰か | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v

 

 

在る、アウェアネス、観照、気づき、存在、意識、(知っている) 何か、、

 

 

こうした原初の感覚に寄り添うことを進めてみる時、、

 

私の本来的な感覚が、今ここに在るということを少しずつ確かなものとして認識されます、、

 

 

私は、「今ここに在る者」 であるという感覚のままさらに寄り添ってみると、、

 

それは、名前を持つ誰か、年齢や性別を持つ誰かではないということ、

 

 

「在る者」 は、「在る」 であるということ、何者かが在るのではなく、ただ 「在る」 ということ以外に分かる者はらなくなると言ったところです、、完了

 

 

 

これがしばしば、悟り系で見かけるところの、I AM THAT I AM というわけですが、、

 

昔から使われているこのポインターも実際には少々混乱を招きやすいというのも正直なところです、、

 

 

「 I 」 とは即ち、「being (存在している) 」 であるだけなのですから、、ドア

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

さて、これに関連して、私が悟り系の情報に触れ始めた頃というのは、

 

覚醒体験、ワンネス体験、、少し前までは、一瞥体験などと言った 「体験」 をすることがある種求道のゴールのように祭られた時代があり、

 

メッセンジャーの多くが、そうした 「体験」 や 「経験」 の劇的さをいかに 「忠実に」 語るのか、あるいは、「特別に」 語るのかといったところが注目されていたりしたものです、、ニコ

 

 

 

けれども、こうした体験のエネルギー的な様相は実際には、実に単純なものであって、、

 

 

防衛性たる自我の、防衛故の 「収縮」 したエネルギー、そうした自我が恐れ故に枠をこしらえた 「観念」 世界の閉じ込め、、

 

 

その中で生きていると思っていた、「個人」 でしかないと思っていた本来的な 「在る」 が、、そうしたエネルギーの枠を一時的に超えた反動こそ、そうした体験の体験たるところなのです、、秘密

 

 

 

ま、例えるのであれば、、風船の中に閉じ込められていた (収縮した) 空気が、実は自らも枠を超えたところにある (開かれた) 空気 と同じものであったことを、風船が割れることによって思い出した、といったところなわけです、、ドンッ

 

 

ですから、そうした 「特別な」 体験を目指すことは実は本当の求道ではなく、、

 

 

究極的には、そうした体験はあろうがなかろうが全くもって問題なく、本当に大切なのは、収縮している根本、枠をこしらえているエネルギー、あるいは、「枠」 自体をしかとその目で見極めるということだと言って良いでしょう、、合格

 

 

 

 

 

 

※というわけで、繁忙期なので早めに寝ますZEN!!流れ星

 

今日も読んで下さり、ありがとうございます!お願い