今ここに開かれた意識って? | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v


テーマ:

 

 

私たちの意識は、超越性や至福の状態、崇高な境地を常に 「どこか」 に求めてしまいがちです、、ランニング

 

 

この 「求める」 というエネルギーが、個体性たる 「収縮」 の感覚をみるみるうちに形作り、、もやもや

 

 

「どこか」 へ向かわなければならない 「自分」、、

 

「どこか」 で何かを手に入れられると思っている 「自分」、、

 

 

即ち、、「今ここ」 では 「辿り着いてない自分」、「満たされていない自分」 の感覚を疑いようのない実体として、

 

 

まるで、そこに在るかのような錯覚を生み出し得るものです、、手

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

さて、そうしたエネルギーの習性というべき 「流れ」 をしかと見極めていたであろう禅の先人たちは、、

 

 

そうしたエネルギーの無意識的なループを消散、あるいは、粉砕する上で、、

 

「ある一点」 に注力するというアプローチを構築しました、、ひらめき電球

 

 

 

即ち、、どこにも行かないこと、、ただ今この瞬間に気づいているということをベースに、

 

様々な工夫をその体系の中に盛り込んだのです、、カギ

 

 

 

私たちを 「迷い」 の中へ連れ出すのが、「どこか」 であるならば、、

 

「どこか」 の誘いの乗らなければいい、、どこにも行かず 「今ここ」 だけを相手にしていようと、、富士山

 

 

 

 

前回も少し取り上げた、坐禅についてもそのひとつで、、

 

 

「どこか」 へ向かい、求めようとするエネルギーを強制的に取り消し、、

 

ただ静かに、その場所に坐ること、今ここに根差すということに徹底します、、カエル

 

 

 

これにより、強化されるはずの収縮性は、ほどかれ、、、

 

どこかへ辿り着く必要もなく、、まさに、その瞬間居る場所で、意識は開かれているのです、、ドア

 

 

 

 

 

もちろんこうした言い方には気を付けなければならない側面も同時にあります、、注意

 

 

というのも、、坐禅をすることで、意識が覚醒へと 「辿り着ける」 ならば、、

 

坐禅をどんどんして、「自分」 をもっともっと高めていけば良いんだ!!といった具合に、、

 

 

収縮を解放するはずのすばらしいアプローチも、「個人」 の所有物になってしまっては、

 

先人の英知がまったくその効果を発揮しないまま真逆の様相を呈するということにもなり兼ねないとも言えます、、

 

 

 

ですから、こうした時に、正しい師が居るかどうかは求道においてはそれなりに大切なことかもしれませんが、、ま、それはそれとして、、お願い

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

ハリー☆さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス