「分かる」以前から知っていたもの | 悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v


テーマ:

 

 

というわけで、何度か私のブログをご紹介頂いている、、(●‘∀‘●)ノ"

 

AKANEさんがワンダホーな記事をお書き下さいました、、拍手

 

こちら♪

 

 

 

1 + 1 の答えは、、1 + 1 なり~お願い

 

 

いやいや、、ハリーさん!それじゃ 「問題」 が解けてないでしょ!?ニヤリ

 

 

1 + 1 の 「答え」 は 「2」 に決まってるじゃありませんか??爆  笑

 

というご意見、ごもっとも!!OK

 

 

 

おっしゃる通り、それは、「決まっている」 だけなんです!

 

1 + 1 の 「答え」 は 「2」 ということに 「決まっている」 のです、、秘密

 

 

 

これを、概念上の創作物、、AKANEさんの言葉を借りるならば、、「知識」 ということです、、ひらめき電球

 

 

即ち、「答え」 を 「2」 ということに、「限定化」 しているということであって、、

 

これを、思考の限定化、固定化、、分離の作用、、つまり、「分ける」 働きなどと言っても良いでしょう、、ナイフ

 

 

ですから、その 「答え」 は思考によって、見事に 「分けられて」 いて、

 

私たちはその答えを、「分かっている」 という構造が結果、出来上がるというわけです、、秘密

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

もちろん、この 「限定化」、および、「知識」 というのは、

 

私たちが相対の世界 (仮の世界) を生きていく上で、便宜上必要になる場面は当然あるとは言うものの、、

 

 

本当のところでの 「答え」 は、「仮」 であるということは在り得ません、、

 

 

 

1 + 1 の 「答え」 は、、何でしょう??サーチ

 

「2」 であると言い張るのは思考です、、

 

 

さて、その 「2」 という概念、知識が、「決まり事」 であるということが本当に見えてくると、、

 

本当の 「答え」 もまた発見されるでしょう、、ドア

 

 

けれどもそれは、「解く」 必要がなかったという発見、、

 

初めから 「答え」 を 「知っていた」 という発見です、、

 

 

概念や、知識を身に着ける以前、、「分かる」 以前から、知っていたもの、、

 

 

「分からない」、「分けられない」 というこの広がりを、、合格

 

 

 

 

 

 

お馴染み、これをソクラテスは、、私は何も分からないということだけを 「知っている」、、(無知の知) と言い、、

 

 

釈迦は、、物事は分別のつけらない、分けられないものだということを知った、、(無分別智) と遺しているのです、、

 

 

 

そう言えば、鈴木俊隆禅師はあるとき、弟子の一人にこう言ったと伝えられています、、ダルマ

 

「もし、わかったと思うなら、あなたはわかっていないんだよ」

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

ハリー☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。