悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v


テーマ:

 

 

こうしたスピリチュアルのジャンルの中には、、

 

 

不運なこと、不幸なこと、辛い経験、苦しみ、、

 

こうした出来事が起きた際など、、

 

 

無理くりに、、

 

良いことが起きた、自分はきっとツイてる、こういうときこそ感謝しよう、幸せだと思おう、良い気分でいよう、、

 

 

などといった教えをするジャンルがまま見られます、、キョロキョロ

 

 

 

ま、悟り系のアングルから、こうしたジャンルを眺めてみますと、、

 

 

 

どうしたって無理がありますね、、(;'∀')

 

 

 

というのも、、自分にとって、「不運」、「不幸」、「辛さ」、「苦しみ」 といった思考構造の限定化が厳然と存在している中で、、

 

その対極にある、状態を無理やり作り出そうとしても、、

 

 

「不運」、「不幸」、「辛さ」、「苦しみ」 の思考感覚が残っている状態では、、一時の気休めにはなったとしても、

 

精神的な疲労感やストレスはおそらくは緩和されまま残り続けるでしょう、、

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

というわけで、、悟り系はどうするか?というわけですが、、ひらめき電球

 

 

幸不幸を例にとって書いてみますと、、

 

ズバリ初めから、、「幸せ」 などというものをいちいち作りません、、秘密

 

 

「幸せ」 などという、特別な状態がさも 「どこか」 に存在しているという妄信に伴って、

 

(今ここを離れて) その状態に 「近づこう」 という、「今ここ」 への抵抗のエネルギーが起き始めます、、

 

 

 

ですから、「不幸」 だと思い込むに足る見かけ上の出来事が起きた場合、、

 

すぐさま、それを 「幸せ」 と思い込んでいる状態に作り変えようと奔走し出すのです、、ランニング

 

 

 

つまるところ、、初めから観念の中に 「幸せ」 などという特異な状態を作りさえしなければ、、

 

目の前の出来事がどんな現れ方をしていても、

 

それは決して、「幸せに作り変えるべき不幸」 な出来事ではなくなります、、

 

 

ここにおいて、、「幸せ」 と 「不幸」 の闘争が終わりを迎えるわけです、、完了

 

 

 

この時、目の前にあるのは、、「幸」 とする必要も、「不幸」 とする必要もない、、

 

ただその通りに起きている、「分かり得ない」 リアリティであって、、ドア

 

 

「幸」 にも 「不幸」 にもしがみつかない、、それらエネルギー的な限定化や固定化を手放した様相を、

 

自由への帰還、あるいは、、 (くう) の体感などと言っても良いでしょう、、カエル

 

 

 

 

さて、ここから相対との橋渡しを為すのが、、禅的真髄、、一期一会、、といったところです、、虹

 

 

 

 

 

ま、こうした力学上のカラクリなどはさて置きつつも、、

 

「不幸」 だと 「思い込んでいる」 出来事から、逃げずにただひたすらに出会う時、、

 

 

思いもよらぬミラクルが起きちゃう宇宙がここにあるのです、、合格

 

 

ですから、くどいようですが、、今ここを外さない、出会うことを決してやめない禅の真髄がまさにダルマへのアクセスキーになるというわけです、、カギ

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハリー☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。