悟りの世界に遊ぶだけ~♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、(^^)/~~~
悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v


テーマ:

 

というわけで、珍しく瞑想についてでも、、φ(.. )

 

 

かれこれ私も、、3~4年ほどは瞑想を続けているわけですが、、

 

はじめの頃はあまり 「上手に」 瞑想ができませんでした、、Oo。。( ̄¬ ̄*)

 

 

というより、どういう状態?が瞑想なのかよく分かっていなかったと言うのが正確かもしれません、、

 

瞑想を継続する中で、、あるいは、瞑想の質に寄り添い観察する中で、、

 

 

 

瞑想が何なのか、、どうしたらこの質を見出せるのか、、ということを

 

一応は人に伝えられるくらいまでにはなってきたように思います、、ひらめき電球

 

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

さて、瞑想、、NHKの特番や特集などでも、マインドフルネスの興隆の影響もあり、

 

その言葉をスピリチュアル外の領域で見かけることも少しずつ増えて来たようにも思いますが、、

 

 

 

瞑想のコツ、、あるいは、留意すべき点についてなど、、個人的に思うところを書いてみます、、

 

 

瞑想、、これは、、「特別な状態」 ではなない!ということです、、秘密

 

 

ですから、より超越的な瞑想状態を目指したり、何か特別な境地や次元 (への介入) を目的として

 

「瞑想をする」 ということ自体が、、瞑想の 「本来的な質」 とはまさに逆行する動きであり、

 

 

機能不全、あるいは、抵抗、、などと言うこともできるでしょう、、注意

 

 

 

瞑想という 「行為」 について言うならば、、

 

それは、、日常的な奔走のエネルギー、、ランニング

 

 

「どこか」 を目指し、何かを達成しなければならない 「個人」 の習性が生み出す、、

 

今ここ以外へのエネルギーの 「ズレ」 を修正し、調整するものであり、、

 

 

初めから居る今ここに目覚めること、このままで居るということに還ることなどと言えるものです、、

 

 

 

ですが、先ほども書いた通り、瞑想というのは、、「特別な状態」 のことではありません、、

 

 

むしろ、、その質、、瞑想の質こそが、、「私たちそのもの」 であると言えるもので、、

 

私たちが 「初めからそうであるところのもの」 に、「なる」、あるいは、「近付く」 ということはあり得ないわけですから、、

 

 

「瞑想をする」 ということは、、本質的なレベルでは不可能なわけです、、

 

 

つまるところ、、私たちが、瞑想でないことはない!いうわけなのです、、

 

 

 

この認識と共に瞑想という 「行為」 を日常の中で取り入れるとき、、

 

 

私たちは、瞑想の容易さ、自然さ、シンプルさにいつでも瞬時に還ることができます、、カエル

 

というのも、、繰り返しになるかもしれませんが、、本質的なところで、、

 

 

私たちが、「瞑想でない」 瞬間は、、一瞬たりともないからです、、秘密

 

ですから、、本来の自然体、、シンプルに在る、ただ気づいているということに明け渡すとき、、

 

 

 

誰もが、、いわゆる、「瞑想上級者」 などと言われる人々と同等の瞑想を実現することができるようになります、、

 

 

コツは、、「努力」、あるいは、「どこか」 を手放すこと、、などとも言えたりするかもしれません、、

 

実際私たちの、相対的なレベルでのエネルギー状態は、、常に、「努力」 と 「どこか」 であるわけです、、

 

 

もはや、この状態があまりにも当たり前になってしまっているがために、

 

自分が、「努力」 をしているということ、「どこか」 を求め続けているということにすら、、無自覚になっているとも言えるのです、、

 

 

ですから、初めのうちはなかなかうまくできない時期も続くかもしれませんが、、

 

 

 

 

シンプルな 「気づき」 が目覚め始めて来ると、、そうしたエネルギー的な収縮

 

自然と開き、くつろぐということが容易に起き始めてきます、、虹

 

 

そして、、どんな 「位」 や 「衣」 もまとわない、、ごくごくシンプルで本来的な、、

 

「私たちの姿 (本性) で在る」 ということが自然になり、今度はこちらが当たり前になって来るというわけです、、富士山

 

 

 

 

というわけで、、物理的な 「姿勢」 については、、

 

検証の結果、、やはり一番大切なのは、、背骨を伸ばして行うことです、、

 

 

これを守れば、、あぐらでも、イスに座ってでもどちらでも大丈夫です、、OK

 

そして、力を抜いて坐り、、あとは、、あらゆるにことに 「気づいて居る」 ということに留まります、、

 

呼吸、周囲の音や、触れているものの感覚、思考や感情の往来に気づいていればいいのです、、

 

 

長くなりましたので、、こうしたことの効果などについてはまた今度ということにしておきます、、m(__)m

 

 

 

 

※今日も読んで下さり、ありがとうございます!(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハリー☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。