台風15号の時の千葉市の風速は? 最大瞬間風速=秒速57.5M! | パナソニックビルダーズグループのハートフルホーム木戸産業株式会社の住まい提案ブログー大分県でパナソニックの家をご提供しています。

パナソニックビルダーズグループのハートフルホーム木戸産業株式会社の住まい提案ブログー大分県でパナソニックの家をご提供しています。

大分県国東市よりパナソニックテクノストラクチャーの家を販売中!!

低価格・高品質・高性能の「パナソニックの家」は次世代住宅の先駆けです!!

ダイプログループ パナソニックビルダーズグループ
ハートフルホーム木戸産業株式会社の会長の木戸です。



「天災は忘れた頃にやってくる。」ということわざは、今やその規模もけた外れに大きくなると同時に頻繁に襲ってくるために「天災はいつでも、頻繁に襲ってくる。」の方が実感がわくようになりました。

 

また以前は「風速40M」と言えば大変な強風の認識でしたが、40Mではインパクトは弱くなりました。

 

そこでパナソニック=テクノストラクチャー工法の家は「耐風等級2」をコンセプトにしていますが、今日は耐風性能について説明します。

 

 

耐風等級には「1」と「2」があります。



 

「耐風等級1」の強さは建築基準法での基準と同等で「50年に一度程度発生する暴風による力に対して損傷を生じない程度の性能」となっています。

 

「耐風等級2」の場合は「等級1」の1.2倍の強さの風に対抗できる性能です。

 

しかしこの表現では具体的に判りにくいと思いますので、具体的にいいますと毎秒=69.12Mの強烈な風でも損傷を生じない強さの家となります。

 

従って今回千葉市を襲った毎秒=57.5Mの強風でも余裕を持って対応できたことがおわかりでしょう。

 

ついでにご説明しますと住宅において最も求められるべき大切な性能とは何でしょうか?

 

賢明な皆様もおわかりように「その住宅に住まう大切な家族の生命と財産を災害から守る」ことにつきると思います。

 

だからパナソニックは「台風と地震に強い家」を最も重いキーワードに営業展開しているのです。

 



ダイプログループ
パナソニックビルダーズグループ
ハートフルホーム木戸産業株式会社
●公式WEBサイト
https://www.heartfull-h.jp/

●公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/HertfulHome/

●公式インスタグラム
https://www.instagram.com/heartfulhome_panasonic/

●公式ツイッター
https://twitter.com/heartfulhome_pa

●LINE公式アカウント
https://line.me/R/ti/p/%40qpa4566i

リフォームもおまかせください!
●ハートフルホームリフォーム公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kidoreform/

●ハートフルホームリフォーム公式インスタグラム
https://www.instagram.com/kidoreform/