田んぼアート!! | 木田たかしオフィシャルブログ Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

木田たかしオフィシャルブログ Powered by Ameba

木田たかしオフィシャルブログ Powered by Ameba

梅雨の晴れ間、三春町上舞木地区で10年前に地域住民の手で作られたファームパークいわえ。

この場所で、第8回目となる田んぼアートとあやめの花に囲まれたステージで歌や踊りが披露されるファームパークいわえ“花と音楽祭”が開催されました。

 

岩城光英事務所のスタッフとなって半年ですが、きょうは岩城元法務大臣の名代としてお祝いのメッセージを携えて、会場に伺いました。

すっきりと晴れた青空の下、山あいの窪地に広がる田に描かれた当地ゆかりの愛姫(めごひめ)がにこやかに微笑む姿と、色とりどりのあやめが咲き誇るファームパークの、中ほどの高台に設えられたステージでさまざまなアトラクションが披露されました。

今年の田んぼアートのテーマは生誕450年となる愛姫の里帰りということで、雪深い寒さが募る季節に伊達藩へと嫁ぎ終生ふるさと三春へ帰ることが叶わなかった愛姫を数種類の稲の早苗で描いたもので、描画にあたっては、地域住民のなかに測量の仕事をされている方がいて、精密に計測した上でその先に沿ってひと株ずつ手で植えられたものであるということです。

 

当然、刈り取りも手作業で一株ずつ分別して行うとのことで、手塩にかけて米作りに励む地域の皆さんの心意気がみえるような気がする風景が広がっていました。