第33回 全国高等学校新体操選抜大会、閉幕。 | 木田たかしオフィシャルブログ Powered by Ameba

木田たかしオフィシャルブログ Powered by Ameba

木田たかしオフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

 

この23日から、第33回目となる全国高等学校新体操選抜大会が深い残雪を戴く吾妻山の山裾、福島市のあづま総合運動公園内にあるあづま総合体育館を会場に開催され、本日、最終日となり、団体競技と閉会式が行われました。

 

まだ吾妻山の雪うさぎも姿を見せない時期ではありますが、先週末には東京地方でも桜の開花宣言が出されるなど、いよいよ春との思いが高まる季節。

高校新体操選手の頂点を目指し全国のブロック大会を勝ち抜いてきた選手が集い、熱い戦いを繰り広げてきました。

 

 

 

きょうは団体戦ということで、個人の競技とは違った華やぎが感じられるメインアリーナには、地区大会や県大会にはない規模の大きさの違いだけではない試合開始前の緊張感も漂っていました。

 

エントリーした選手たちは流れる音楽のリズムやメロディーにシンクロしながら、団体競技としての動作の一体感や非対称的な動きによる表現を駆使し、観戦者の目を釘付けにしていました。

 

男子ではあの鹿児島実業も九番目に登場し、昨年、多くの国民を楽しませた楽曲を取り入れた作品での演技で、大いに会場を沸かせてくれました。

 

歴史を感じさせるずらりと並んだ入賞カップを手にしたのは、以下の選手たちです。(※ 本県成績)

 

【男子個人総合】

1位 佐久本和夢(青森山田)

2位 向山蒼斗(国士舘)

3位 田口将(恵庭南)

4位 大野哲平(四日市)

5位 岩渕緒久斗(尼崎西)

6位 森園颯大(れいめい)

※ 17位 二瓶樹(会津学鳳)

 

【男子団体総合】

1位 神埼清明(佐賀)

2位 恵庭西(北海道)

3位 青森山田(青森)

4位 小林秀峰(宮崎)

5位 坂出工業(香川)

6位 科学技術(福井)

※ 19位 安積御館(福島)

 

【女子個人総合】

1位 大岩千未来(あずさ第一)

2位 飯田由香(クラーク千葉)

3位 石井陽向(昭和学院)

4位 植松智子(高松桜井)

5位 奈良岡未森(城南静岡)

6位 松坂玲奈(富岡西)

※ 17位 夏井麻衣(喜多方)

※  23位 金澤萌桃(郡山女子大付属)

 

【女子団体総合】

1位 常葉(静岡)

2位 昭和学院(千葉)

3位 駒場学園(東京)

4位 八千代松蔭(千葉)

5位 金蘭会(大阪)

6位 名古屋女子大学(愛知)

※ 23位 郡山女子大付属(福島)

 

競技会としての性格上、順位が付くことは当然ですが、どのチーム、どの選手も精一杯の演技を見せてくれたものと思いますし、その姿勢が感動を生み、観客の心を掴んで大きな拍手を得ているのだと感じました。

残念ながら本県の選手たちの上位入賞は叶いませんでしたが、全国大会というステージでの堂々とした演技は、県大会で見たそれとは比較にならないほどの上達ぶりで、これまでの練習の苦労が垣間見え、これまた胸の熱くなる思いで見守ったところです。

 

事故なく盛会のうちに閉会できたこの大会では、福島県体操協会の役員の一人でありながらその役を果たせず、退会運営に当たってくださった皆様に申し訳ない気持ちとともに、心からの感謝を申し上げたいと思います。

 

木田たかしさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース