きだみのる鍼灸整骨院のブログ

御徒町で伝統的な鍼灸、整骨などの治療院をしているかたわら、
ストリートダンスや格闘技選手のトレーナーをしています。


テーマ:

前回の記事より一ヶ月以上も空いてしまいました。

 

2月はいつも一年の総まとめ、確定申告の作業に悩まされております。

 

一年に一度ですと、なかなか慣れません(涙)

 

私は専門ジャンル以外は不器用なので、同時にいろんなことができません。

 

同時にこなしていく能力もいいですが、私は常に治療や、体操のアイデアばかりに気がいっているので、仕方ないとあきらめております。

 

うん、仕方ない仕方ない。

 

いい意味での専門バカを目指したいと思います。

 

 

日々の治療をこなしながら、確定申告の作業をしながら、
ブレイクダンスバトルの救急サポート、
格闘技選手へ武道空手の稽古、
主婦の皆さんの体操教室をしたりしておりました。

 

特に格闘技選手たちは各々の仕事の都合などにより、全員同時に集まれることが少なくなってきましたので、個別に稽古をつけている状況です。

 

まあ、私もそれなりに動きますので、私の脂肪燃焼に貢献してくれてると思えば。

 

 


さて、表題にも掲げました

”産後の骨盤調整”

についてです。


最近、産後の骨盤調整についてのお問い合わせを頂く様になりましたので、こちらのブログにも書いてみたいと思います。

 

まず、私の治療院では、特別に

”産後骨盤調整”

などのコースは設けておりません。

 

なぜかと申しますと、産後ならではの特徴と言うものはありますが、通常の患者さんとの治療法と、基本的にあまり変わらないからです。

 

産後の腰痛や肩こり、背中の痛み、不眠やイライラ、尿漏れしやすいなど多様な症状がありますが、通常の患者さんより集中してみる部分が違うくらいなものです。

 

 

婦人科の内科的、また不妊症などの症状の方には、

鍼やお灸を使ったり、

骨盤や背骨の調整(バキバキ骨を鳴らさないやり方です)や、

体質に合った衣食住や治療法のアドバイスなどもしております。

 

鍼灸は好みがありますので、患者さんのご希望次第となりますが、

 

”早産防止”

”逆子”

 

などは必ずお灸を使います。

 

これは温かく感じる程度のお灸なのでやけどの心配もありません。

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、産後の骨盤調整の話ですね。

 

まず産後の方の骨格のバランスが、どの様な状態になっているのかを図に示してみます。

 

妊婦_腹筋のゆるみ

 

 

 

 

上の図の様に、

背中(胸)と腰がそり過ぎてしまった状態がありますね。

 

そして、お腹が大きく外に張り出した期間が長かったせいで、

 

”お腹を内に引き込むこと”

 

を体が忘れてしまっているのです。

 

 

 

お腹の前の方の筋肉は伸びてゆるんでいますが、反対に

 

”脇腹から腰にある筋肉は縮まったまま固まっている”

 

状態なんですね。

 

 

これを筋肉の固い部分に手を当てながら、骨盤や肋骨をゆっくりと動かす様なやり方をしています。

 

 

 

 


そして、胸の前側、骨盤の前側も大きく開いてしまっています。

 

骨盤と同時に、胸、肋骨の調整が重要です。産後_骨盤と胸膈の開き

(図左:通常の状態。図右:産後で赤線の部分が開いている)


あばら骨のいろんな所に、

 

”胸を大きく開きやすいポイント”

 

が存在します。

 

 


そこを指で触れながら、動かす方向に大きく息を吸いながら胸を広げてもらいます。

 

 

骨盤まわりや胸の調整をした後で

 

”脚上げ腹筋(レッグレイズ)”

 

してもらいます。

 

 

 

これが断然やりやすさが変化するんですね。

 

すーっと楽に、力をあまり入れた感じがしないのに脚が上がるので、患者さん自身が不思議がっておりますが、

 

「これが本来の○○さんの力なんですよ。」

 

とお伝えしています。

 

 

 


ゆがみの無い状態がどれほど力強いか、

それを一度でも体験して欲しいんですね。

 

もともと運動をやられていた方は筋力が強いので、脚上げ腹筋など産後でも楽にできる方もいます。

 

でも、もっと楽にできるんです。

 

 

 

ゆがんだ状態ですと、

 

・腹筋ではなく太ももの筋肉で上げている感覚が強い

 

・上げる最初の動きが重い

 

・上げる途中でわずかだがプルプルする

 

などの現象があります。

 

 


上にあげてきた

骨盤のそり過ぎ、開き過ぎ、そして胸の開き過ぎ

などをゆるめていきますと、他人にでも上げてもらっているかの様な軽さで脚上げ腹筋ができるのです。


腰痛などを起こさない、ゆがみの無い体幹部とは、腹筋や背筋がしっかり働いていることに尽きますね。

 

 

 

 

しかし、ここで重要なのは、体幹部を締める・固める力ではなく、

 

”締めながら動けること”

 

なんです。


動作の最中に、適度な締める・固める力が、腰や背中、お腹に自然と働いているのが理想です。

 

 


ですから、私が理想とする筋力トレーニングとは、

 

”とにかく楽にできること”

 

なんです。

 

これは、医学的に言うと”運動連鎖”が起きている状態です。

 

全身のパーツが連動し、最小限の力で、強く正確な運動を起こせることです。

 

 

腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワット。

 

種目としては、これ位できれば充分ですね。

 

 

 

 

顏を洗う時や掃除機をかける時など、いちいち腹に力を込めて動き続けるなんてできませんね。

 

これはダンサーや格闘技選手でも、高齢者でも同じことです。

 

人間であれば同じ作り、同じ機能です。

 

 


私がおこなっている治療法と同じ原理で、セルフでできるエクササイズを治療後にアドバイスさせて頂いてます。

 

これは格闘技選手やダンサーに指導しているもの、毎週行っている主婦の体操教室でやっているものとまったく同じです。

 


特に高齢者の方々は関節に多少の変形があったり、背骨などにもかなりのクセがある場合が多いですが、セルフエクササイズだけで腹筋運動やストレッチ、歩行などが楽になります。

 

正確にその部位の動きを行えば、決して難しいことではありません。

 


治療院でもセルフでかなり改善できるエクササイズを指導させてもらってますので、治療に来る頻度も少ないです。
(そこが目的なので当院では回数券などは取り扱っておりません)

 

 

おかげさまで体操教室に長年いらしている主婦の方々は治療に来ません(涙)

 

時折りご主人やお子さんを連れていらっしゃることはありますが(ほっ・・・)

 


と、当院ではこの様な感じですが、産後の骨盤調整をお考えの方、どの様な治療法、どの様なエクササイズでも構いません、ご自身が

 

”楽に動けること”

 

ができているかを目指して取り組んで頂きたいと思います。

 

産後の体は、それ以前の体と相当変化しています。

 

その後の人生の体調を決定づける大事なポイントです。

 

 

積極的なケアをして、元気にお過ごしください。

 

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。