IMSグループ「未来医療」勉強会:

テーマ:リセットプログラム

第3回 自分の判断基準を観る

健康とは調和です。それでは、何の調和でしょうか?それは、リズムの調和です。リズムとは圧縮と膨張の繰り返しです。

健康に生きるためには、リセットが必要です。そしてリセットの習慣化が必要です。実在的身体のリセット、そして、実存的身体のリセットが必要です。

それでは、何をリセットすればいいのでしょうか?どのようにリセットすればいいのでしょうか?

真の健康が調和であるならば、真の健康法とは、リセットと習慣化です。身体のリセットしながら、感情・緊張をリセットし、そして認識をリセットしていきます。

皆さま、認識のリセットするために、自分の判断基準を観る、相手の判断基準を観る、観点を変化・移動・運動させることを体験されました。

自分の判断基準が観えたとき、そして、自分が、自分と脳に観点固定して、どんなふうに世界を観ているのかがわかると驚きの連続です。

皆さんお楽しみさまでした。