KOS試合結果

テーマ:
昨日は福岡で辰樹とKJヒロシの試合でした。

辰樹は2018年J-NETの新人王で、プロ全勝の薦田選手と対戦。

今回は判定を考えずKOで勝つという事をずっと話してきました。

1、2Rは相手選手の蹴りを受けながらも、強いパンチを当ててダウンを奪えそうな場面もありました。

でも判定勝ちは考えず、2R終わってからのインターバルでも「判定まで行くな、絶対倒せ」と本人に伝え、本人も「ハイ」と力強く答えました。


そして最終3R、ロープ際でもつれてバランスを崩したところに相手のハイキックをもらってダウン。

立ちはしましたが足元がおぼつかず、レフェリーストップ。

3R、KO負けでした。

技術的な改善もまだまだ必要だし、日々の自己管理や練習内容を見直さないといけないと強く感じました。

でも、今までの試合で一番「必死」な辰樹を見る事が出来ました。

だから今までの敗戦以上に悔しかったし、本人もそうだったと思います。

辰樹には試合前に「この試合で今までのプロキャリアの嫌な流れを変えよう。」と話しました。

結果的には今回も負けてしまったので、この嫌な流れは断ち切れませんでした。

でも「次こそは」と思える内容でした。

次の辰樹に期待したいと思います(しかし何度目だ笑)。

ヒロシはKOSスーパーバンタム級チャンピオンのAKIRA選手とスーパーフェザー級で対戦。

AKIRA選手の引退試合の相手に選んで頂きました。


AKIRA選手、階級が下にも関わらず勇敢に打ち合ってきました。

ただ、そこはヒロシも自信を持っているところなので引かずに勝負。

1Rに1つ、2Rに3つダウンを奪いKO勝ち。


こちらは嬉しいというよりもホッとしました。

そしてこれがまさかの県外初勝利。

ここから連勝してどんどん上のステージに進んで欲しいです。

試合後は応援に来てくれたジムのみんなと打ち上げしました。


この9人みんなで戦えた事がとても嬉しかったです^ ^

試合に出た2人、応援してに来てくれた皆さんお疲れ様でした!

また次の闘いに向けて準備しましょう!