ゴエモンのブログ
ドンッKICHIJOJI SHUFFLE店長ゴエモンのブログドンッ

<KICHIJOJI SHUFFLE WEB SITE>
パソコン、携帯からもご覧になれます!!
http://www.k-shuffle.com/

シャッフルの事から、個人的な事まで書いていきますので、是非、チェックしてみて下さい!!

<Yu Nakashima

バナーを作成
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

現状報告15

アメブロにログイン出来なくて、途中だったので続き。


1つ前のブログ読んで下さい。


専門学校に入学した自分。


周りに付いて行けない。


出来る子は、どんどん進む。


ミキサーって、1つしかないから、30人くらいいても触れるのは数人。


小さいライブハウスくらいだと、基本的にPAさんは1人なのだ。


触りたいって言える状況でもない。


話は変わるけど、PAの職種として、大きく3つに分かれてる。

※コンサートとかだと、もっといます。


ステージ

※ステージ上の準備、本番のトラブルなどを見るスタッフ。だいたい、ここからスタート。


モニター

※アーティスト側のスピーカーの調整をするスタッフ。限りなくメンバーに近い存在。コミュニケーション能力ないと無理。ステージを数年やってなれる。


ハウス

※お客さん側のスピーカーの調整をするスタッフ。

ボス的な存在のPAがやる。

ここもモニターを数年やって、やっとやれる。


そんな訳で専門学校に入り半年経ったある日、高校生の時に、ライブしてたイベントの主催の方から電話が。


主催者>

久々、何してるの?

会社で持ってるライブハウスで、ライブ企画してるんだけど、出ない?


自分>

お久しぶりです。

いまバンドやってなくて、ずっとライブハウスで働きたくて、そのライブハウスで、スタッフ募集してませんか?


って事で履歴書を持って会社に来てって事になり、なんかラッキーと思い、ウキウキで履歴書を持って面接へ。


面接官>

えーと、金髪ダメだから不採用。

うち髪染めるの禁止なんで、もう帰って良いよ。


!?


まじ?


諦めきれず、髪を染めて、後日もう一回、会社へ。

※なんとなくナチュラルブラウン的な色にする


面接官>

だから茶色いのダメって言ってるじゃん。

黒くないとダメ。舐めてんのお前?

はい。お疲れ様。


面接2回落ちる。。。


髪を真っ黒くして、また面接へ。

しつこい奴だなーって事で、やっと採用。


ルールが凄かった。

アクセサリーも禁止。

言葉遣いも厳しい。

イメージしてた、ライブハウスっていう感じではなかった。

先輩も店長も、怖いし、めちゃくちゃ厳しい。


時給520円スタート。


場所は北浦和。


自宅の深谷から1時間半くらい。


専門学校まで、2時間。


始発で学校に向かい、お昼で学校を抜けて、ライブハウスへ行き、終電で帰って、また始発で学校。


この繰り返し。


こうして18歳の中嶋、たまたま電話くれた主催者さんの、ラッキーな出会いで、夢のライブハウスで働き出す。


専門学校に行った意味、、、笑


ライブハウスで最初に教わったのはステージアシスタントと照明。


これが楽しくて、楽しくて。


先輩に言われたのは、お前はPAしたいかもだけど、うちのライブハウスは全部やってもらう。


仕事が出来る様になって、最後にPA出来ると思って。


そこから、半年くらい自宅→学校→ライブハウス→自宅の繰り返しから親に相談して、南与野にて1人暮らしを始める。


駅から徒歩10分の家賃4万5,000円くらいのアパート。


途中から、専門学校にも行かなくなり、ライブハウスだけの生活が始まる。

※2年生になると、研修届け出せば学校行かなくて大丈夫だったのだ。


そのまま専門学校も卒業しても、まだライブハウスで働き、それから2年が過ぎた。


当時いた店長も先輩も、みんな辞めていった。


自分は、がむしゃらに働いていたので、気付いたら、みんないなくなっていた。


PAが足らなくなり、ついに自分の出番かと思ったが、何故か後輩がPAになり、させてもらえなかった。


PAしたい、PAしたい、言ってる奴にPAさせないよ。


これを、当時の先輩に言われたのを忘れない。


当時は、嫌がらせか、何なのか分からんけど、悔しいけど、我慢した。


でも、みんな帰ってからならPA卓触って良いよ。

との事だったので、深夜に残ってPAの練習した。


いつでも、出来る様に。


そして、毎日、受付の日々。


受付が階段上の1階なので、ライブも観れない。


ずーっと、毎日、受付。


半年くらいかな?


そんな中、その後、先輩も後輩も辞めるってなり、PAやれるのが自分になった。


嬉しかった。


ここまで約2年ちょいかかった。


先輩と喧嘩もした。


後輩とも喧嘩した。


専門の同級生も、ほとんど辞めていた。


あの時、専門で出来る子達も、みんな。


そして、ずっと、憧れてたPA。


当時、給料もらったら、何か機材を買おうと思って、家をミニライブハウスみたいにして、8chの卓買ったり、エフェクター買ったり。


まだ、デジタルっていうのがなく、全てアナログだったので、沢山機材を揃えていた。


学校で卓も、触ってなく、ライブハウスで2年間、別の事をしてたので、当時PAしてる先輩の技術を盗んで、自己流でPAを覚えた。


その後、悩みに悩んで、都内にライブハウスを、持ちたかったので、北浦和のライブハウスを辞める事にした。


合計3年くらい。

2003年の年末。


自分の時給は、520円から620円になっていた。。。


そして、高田馬場Club PHASEってライブハウスが、観に行ったライブハウスで凄く良くて、絶対にここで働きたいって思って、履歴書持っていったが、門前払い。


PAは、募集してないって、、、


北浦和のライブハウス辞めて、覚悟して履歴書を持っていったのに、、、


ここで完全無職になる。


全て真っ暗。


1週間悩んだ結果、他のライブハウスを調べてたら、PHASEの系列の渋谷DESEOが PAアシスタントを募集していた。


すぐ電話して、そのまま履歴書を、持ってDESEOへ。


面接してくれたのは、ブッキングマネージャー。


PA出来ます。

ここの店長になりたいって言ったら、

君、面白いね、採用。って。


まじで、この出会いは神。


そうして、無職から1ヶ月、渋谷DESEOで働きだす。

これが、2004年の2月の話。


入ってすぐ、空いた日程あるんだけど、企画しない?って、言われ、はい。と答えて、ブッキングをする。


都内で初企画。


その後、PAとして1年後にブッキングマネージャーが辞め、PAとブッキング両方やる事に。


都内のライブハウスで、かなり珍しいと思う。


深夜担当したり、PAしたり。


そして、南与野に帰るのも終電が23時半くらいで、いつも行きは埼京線で、南与野から行って、帰りは終電が遅い京浜東北線の北浦和から30分くらい歩いて帰る生活になる。


ここで激痩せ。


お金もないし、タクシーなんて乗るお金もない。


帰り道にある、スーパーで賞味期限ぎりぎりの値引きされた食材を買って帰宅。


お米だけは、親が送ってくれていたので、米と味噌汁の生活。


自分で、おむすび作って行って。

1日500円生活。

ほぼタバコ代とお茶買って500円だった(笑)


家賃も払えなくて、親にお世話になった。

※ほんと、申し訳ない。


そして、家に帰れない事が多くなり、ライブハウスの楽屋で寝泊まりしていた。

楽屋に寝るには良いソファーがあった。

※風呂は近くのネカフェ。


同時に、本八幡3rd stageというライブハウスでPAのヘルプに入る。


そうしてDESEOで2年半が経った時、地下にあるSHIBUYA CLUB 乙の店長が、渋谷に住んでて、部屋が空いてるから住むか?って事になり、同居生活スタート。


ここが天国だった。


毎日、遊んでた。


自転車で原宿とか行くのが夢だった。


表参道を自転車で爆走して感動したー!!


ブッキングしてPAして、この頃からavexの外現場も紹介してもらってやる様になる。


ほとんどインストアのPAだったけど、凄くやり甲斐あって楽しかった。


そうして3年が経とうとしている頃に、社長から立川で新しい店舗出そうと思ってるんだけど、中嶋やるか?って話になる。


当時の系列店の店長達が、ずっとライブハウスやりたいって言ってる中嶋が良いんじゃないか?って、推薦してくれた。


立川が、どこだが知らないけど、やります。ってなったが、一瞬で白紙。


その数ヶ月後に、今度は吉祥寺に物件あるから、やるか?って事で、すぐにDESEOの店長と一緒に内見に行き、決まる。

※2007年4月。


これが、今の吉祥寺シャッフルだ。


約16年前の事。


出会いって、凄く大事で、これからも大事にしていきたい。


誰かが言ってたけど、遠回りが一番の近道って、ほんとそうだなーって。


あとは、やりたい事を口に出す事。


『そんなの出来ないよ』


良く言われた。


出来ないって、事例がないだけで、やっちゃえば、出来るって言えるんだから、やってみれば良い。


ダメなら考える。


周りから叩かれたって、気にしない。


そんな日々。


PAの話は、また後日。

現状方向14

久々のブログ。


ここ1ヶ月、連続で、早朝から深夜まで働いていた。

休む時間もなく、寝る時間もなく、働いた。

忙しいのが好きな自分としては、有難いけど、精神的にも、身体がボロボロ。


まーそんな事で、明日からも忙しくなるんだけど、気まぐれに、ブログでも書こうかと。


今日は、自分にとって、人生の変わり目に、出会ったり、アドバイスをくれたり、今思うと、この人と出会って人生が変わった。というお話。


今回は、ライブハウスの話。


元々、高校生の時、


ライブハウス=ヤンキーの溜まり場。


的な風に思ってた。


3歳から、父親の影響で、ずっと剣道ばかりしてた。


小学生の時も、中学に入ってからも、ずっと剣道。


中学の時は部長になって、埼玉の深谷市って町で、個人戦、団体戦、共に優勝するくらい。


深谷市の選抜で出た事もあるくらい、剣道ばっかり。


そのまま、高校生になっても、剣道部に入ったが、先輩みんな未経験者ばかりで、活動もほぼないくらい、完全に帰宅部。


同級生で、隣町で剣道の強い子も一緒だった為、練習もしなくても団体戦は、めちゃくちゃ強かった。


そんな中、同じ中学の子が、軽音楽部に入部して、部室に良く遊びに行ってた。


そこに入り浸るようになり、自分は軽音楽部ではないけど、ベーシストがいなかったので、自分がベースになり、一緒にバンドを組む様になった。


持ってたゲーム全部売って、初心者用のベースを購入。


初ライブは、忘れもしない、1年生の時に、体育館での出し物でやったGLAYと黒夢とかのコピーバンド。


そこから、のめり込む様にバンド練習ばかりしてた。


高校生の時、この同級生の軽音楽部で出会ったメンバー、そして、同じ中学の子、人生が変わった。


そこから、先輩がライブハウスでライブをしているという話を聞く。


え!?ライブハウスでライブやってんの?すげー!!


って、思っていた。


高校2年生の時に、初めて熊谷VOGUE(今のヘブンズロック)でライブをした。


たしか、ROUAGEのコピーバンドで、次の日に同じ場所でROUAGEがライブをしてた気がする。


んで、ハイスタを聞いて、モンパチ、ブラフマン、パンク系を聴く様になり、その頃に熊谷でCDショップ、モルタルレコードがオープン。


入り浸って、インディーズのCD買い漁ったりしてた。


そこから、自分のライブハウス人生が始まる。


毎週の様にモルタルレコード、熊谷VOGUEに行った。


ゴイステ、LOST IN TIME、POTSHOT、ニューロティカ、GELGUGUなど、パンク、スカパンクのライブに行く様になる。


自分はステージに立つのではなく、裏方として、いつか、自分のライブハウスを持ちたい。

※練習しても全然上手くならないのでバンドは諦めた。でも、音楽の仕事がしたいと思った。


そう夢に思ったのが、高校2年生の終わりくらいに、思い始めた時期。


モルタルレコードの店主、山さんにも相談した。


熊谷VOGUEのスタッフさんは、毎週来る子だなーって思っていたと思う。


ライブハウスのスタッフかっけー!!

って、目がキラキラしていたと思う。


でも、チキンな自分、自分から話しかける事はなかった(笑)


高校3年になり、進路の事を考える様になるが、ライブハウスを作りたいって事で、音楽業界の本を買って読んだ。


音響(PA)という職種がある事をしり、ライブハウス作るから音響の事くらい分かってないとダメかな?

って思い、PAの専門学校に通おうって事になる。

※ライブがある限り、PAという職業は絶対になくならないって書いてあったから、ライブハウスがダメでも、最悪これだって思った。


まず両親に相談。


もちろん大反対。


剣道やって、大学に行けと。


3歳から18歳まで剣道やってる剣道バカが、いきなり音楽業界に進みたいって言う。


そりゃダメだわな。


だけど、ごねた。

かなりごねた。


PAって何って所から始まり、説明。


何とかOKもらい、尚美と東京ビジュアルアーツの体験入学も行き、東京ビジュアルアーツに入学。

※2001年入学。


当時、体験入学に行った時、先輩が優しかったから、東京ビジュアルアーツに進んだ。


担任の先生は、鬼怖かったけど、、、


入学の面接で、PA勉強して、ライブハウス作りたい。と言った所、


へーそうなんだ、勝手にやれば?


と一言。


まじで怖い。


この一言。絶対にやってやる。

と、思った。


ただ、人見知り全開の自分。

入学してみて、誰も知り合いがいない中、授業開始。


おー、、、なんなんだ。

みんな理解出来てる。

PAの意味?ゴッパー?卓の触り方。

何それ?全く分からない。。。


説明もちんぷんかんぷん。


もう何が何だか分からない。


分からない事が分からない。


そんな専門学校生活が2年間スタート。


つづく


現状報告13

明けましておめでとう御座います。


無事に年越せました!!


年末は、恒例となったKINGの年越しライブを3部行いました。


自分は、現在、ツアー中で、29日から札幌に出張に出てたので、途中から参加。





札幌は吹雪だったが、ちゃんぽん食べて元気いっぱい!!


今年は、お客さん入れて年越し出来るかな?

でも、このスタイルも好きなんだよなーと思いつつ。

※カウントダウンは配信で行う事。


それは、また相談する事にしよう。



Yetiの、ドラムなっちも遊びに来て参加してくれた。



スタッフも配信に参加したり。


カウントダウン終わって朝方、掃除してスタッフと初詣へ。


これは毎年恒例となっている。


出店も出てたので、じゃがバターを購入。


みんなで食べて、1/1も店があるので、数時間後にーって事で解散。


今年の吉祥寺シャッフルは、長めの休み頂きまして、1/6まで、お店が休みです。


1/7から、またかっ飛ばします。


年始の配信でも、お伝えしましたが、ライブハウスマジで全然儲からない。

だから、って諦めてはいません。

少しでも売上を上げたい(笑)


ただ値段を、高くするとかじゃなくて、それなりに払っても良いって思われるライブハウスにしなきゃダメなのは分かっている。


それは、アーティストの皆様、お客様に対して。


今以上に素敵なライブハウスとしてサービスを提供出来る様に、頑張らなくてはいけない。


ガンガン意見欲しいし、出演アーティストも募集してます。



良く使っているTIGETってサイトで取材をして頂きました。



ここでも言ってますが、変に適当な営業はしたくないし、どんなに有名なメジャーアーティストだからって、学生のサークルイベントだからって差別化はしたくないし、アーティストの皆様、ステージに上がる以上プロとして、対等に、対応させて欲しいです。


それが昔から吉祥寺シャッフルのやり方なので、雑にしたくないし、しっかりサポートさせて頂きます。


だからこそ、意見あれば欲しい。


個人的には、

1/2は、家でゴロゴロして事務所で作業して中本へ北極ラーメンで締める。

1/3は、実家へ帰り、家族と初詣へ。

たまには、父親らしくしないと子供達からも飽きられてしまうので、、、

1/4からは、名古屋へツアー、1/7に東京に戻ってライブハウスへ。

今日で、正月休みは終了。


今年で16年目の吉祥寺シャッフル、楽しい事を沢山考えておりますので、本年も、よろしくお願いします。


やっぱ、中本最高よ。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>