お盆に向けた本堂の設営 | 吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

お施餓鬼の準備も
いよいよラストスパートです。

本堂の設営も概ね完了しました。



お盆に向けた本堂の準備は、
大掃除から始まります。

まず、椅子を拭き、


畳を拭き、


会場をセッティングします。


濡縁に施餓鬼檀を設け、
各寺院から来てくださる職衆の席を設置し、
ご参列の皆さまが座る椅子を並べます。

木魚や太鼓、半鐘など、
僧侶が使う仏具を所定の位置に起き、
準備完了です。


施餓鬼檀は、
記載いたしましたが、
通常の内陣とは離れた場所に設置します。

あとは、当日間近に檀上を整え
笹の枝を被せる予定です。


本堂の中は、境内同様とても暑いですが、
窓を開けると風が入ってきて
とても気持ちいいです。


施餓鬼会当日は
本堂に沢山の方が集まるので、
少しでも涼しくできればと思っていますが、
ところどころ開かない窓があります。

(3.11東日本大震災の際
建物が歪んでしまい、
窓が開かなくなってしまいました。)

ご容赦くださいませ。