光明第212号、ぜひご覧ください。 | 吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

台風8号が日本に上陸していますが、

その後9号10号…と控えているそうです。

 

皆様、雨風や土砂災害に

お気をつけてお過ごしくださいね。


 

 

さて、本日のブログは

「光明」についてです。

 

「光明」とは、

真言宗豊山派の季刊誌です。

 

年4回(春夏秋冬)発行されています。

 

・ 真言宗豊山派について

・ 仏さまの教えについて

・ 行事や習慣について など

毎刊多種多様な内容が記されており、


一冊通して読むことで

仏教について理解を深めることが出来ます。

 

光明は真言宗豊山派のHPから購入できますが

吉祥院では檀家の皆様にお配りしています。

 

お塔婆と一緒にお渡ししていますので

是非ご覧ください。

 

 

この夏の新刊も

7月下旬頃からお渡ししています。

 


今回は、表紙にもある通り

柔道日本代表  井上康生監督の

インタビューが載っております。

 

シドニー五輪で金メダルを獲得された際、

お母さまの遺影を掲げた姿が

記憶に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

インタビュー記事では、

その時の心境やその行動の裏にある思いが

記されています。

 

また、その他にも

大正大学の先生方によるコラムや、

以前このブログでもご紹介した諸橋精光さんの童話、

作家・インタビュアー・女優と

様々な分野で活躍されている阿川佐和子さんのエッセイなど

盛りだくさんの内容です。

 

お手元に渡りましたら是非ご覧ください。

 

 

そして、

光明は毎号多様な内容が掲載されているので

お気に入りの記事も見つかると思います。

 

私は、今年の春にお配りした第211号の

「『ジセジュー』の挑戦」

という記事が好きです。

 


次世代の住職、略して『ジセジュー』となる

様々な寺院の若き副住職たちの、

現代の寺院の在り方や

人々に寄り添う方法を模索している姿が

とても印象的でした。

 

こちらの刊もまだ数部残っております。

ご興味のある方はお声がけください。




お盆も近くなってまいりました。

猛暑の中ですので、

御墓参りの際は熱中症にお気をつけてください。