涅槃図 | 吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

当山に保存してある涅槃図です。

{8114E5EA-41EC-4BD1-8672-5487C942B401}


涅槃図とは、
お釈迦様が入滅した時の様子を
描いたものです。

涅槃図の中身を少しだけ見てみましょう。


まず、涅槃図の中で、
お釈迦様は中心に横たわっております。

この時、北を頭にして横たわってと言われており、
それが北枕の所以です。


{52F19D51-230A-4259-8315-904680EA202D}

{CA55973D-3818-430E-8E7F-0EB9AB78CD63}

周りには、お釈迦様の弟子を含む
多くの人々が嘆き悲しんでいます。
手を合わせている人もいます。


また、周囲に立つ木は沙羅双樹です。
お釈迦様は沙羅双樹の木の下で
入滅されたと言われており
涅槃図でも沙羅双樹に囲まれたところに
お釈迦様がいます。

ちなみに、沙羅双樹は
日本では夏椿と呼ばれています。


{35AFDE5C-0E98-4C5D-8DE8-A272174C903C}

そして、空にはあの世からお迎えが。

{6EF73479-0968-4EF4-8C2D-C933C6BD5012}

{8D3EFEE0-7533-457F-BECA-856149B108AC}

周りには人々だけでなく、
動物も集まり悲しんでいます。

絵について細かく説明するのは
また今度にいたしますが、
1つだけ。

当山の涅槃図には、
動物の中に猫もいます。

実は各地にある様々な涅槃図の大半には
猫は描かれていません。

これには様々な言い伝えがあります。

お釈迦様の使いにネズミがいたから。
ネズミが猫を騙したから。など。


少しだけ知るだけでも、
絵を見るのが面白くなりますね。