仏陀(ブッダ)とは | 吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

今までも仏陀(ブッダ)の教えについて幾度か触れましたが、
(詳しくは、「四諦(したい))・四聖諦(ししょうたい)」
「八正道(はっしょうどう)」をご覧ください。)

今回は、仏陀の生涯について記したいと思います。


仏陀はインドの北部の国の王子として
紀元前500年程に誕生しました。

本名はゴータマ・シッダールタ。

裕福な生活をしていたシッダールタは16歳で結婚し
子どもにも恵まれ、幸せな生活をしていました。

しかし、この世の苦しみについて考えては悩み、
29歳の時に家族や家を捨て一人で修行していく道を選びます。

その後6年間、苦行に取り組みました。
しかし、そんな方法では悟りを得られないと気づき、
苦行を断念します。
そして、ブッダガヤの菩提樹のもとで座禅し瞑想を始めました。

シッダールタが35歳の時、ついに悟りを開き
仏陀(悟りを得た者)となりました。

その後、かつて苦行を共にした5人の修行者に
初めて説法をしました。(初転法輪(しょてんぼうりん))

5人はすぐに弟子になり
ここに仏教が誕生しました。

仏陀は旅をしながらあらゆる人々に説法をし、
仏教を広げ、悩み・苦しみから救済していきました。

そして、80歳の時に
沙羅双樹の下で静かに滅しました。(涅槃)


このシッダールタという人物こそが、
仏陀(または、釈尊、釈迦)と呼ばれる人であり、
あらゆる菩薩像・如来像のモデルになっているのです。


文責 管理人