アフリカのフェアトレード雑貨屋「キチェコ」店主ほし☆ともこのブログ【東京多摩市】

ネットショップ「Kicheko」(キチェコ)店主、ほし☆ともこのブログです。
「キチェコ」はスワヒリ語で「笑い声」という意味。主に、ケニア・タンザニア・ウガンダなどの東アフリカからやって来たフェアトレード雑貨を販売しています。お買物で楽しく国際協力♡してみませんか?


テーマ:
こんにちは。
 

アフリカのフェアトレード雑貨屋「キチェコ」店主の、ほし☆ともこです。

涼しさを通り越して肌寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

 

夏からの出店ラッシュが落ち着き、ワークショップに向けて準備を進めています。

 

キチェコが扱っている「ウィメンクラフトのミニバスケットを使って、オーガニックフラワーを生けましょう」というワークショップです。

 

 

始まりは、とある華道家の先生との出会いでした。

 

今年2月に横浜赤レンガ倉庫で出展した際に、共同出展者の応援に来られていたのが…草月流師範の中島まこと(雅名:中島弘華)先生でした。

 

 

{47A50334-814A-441E-85D5-62DAF6B81813}

 

 

 

 

とても気さくな方なので、あとから「実は凄い方なのよ。」と聞いた時には驚きました。

 

いくつもの会社や一般社団法人の重役を務められ、政府機関からの依頼も受けていらっしゃいます。

 

(大きな声では言えませんが、あの假屋○省吾の先生をされていたり、伊勢○摩サミットの会場装花をされたり…とにかく凄い方なんです!)

 

中でも一番力を注いでおられるのが、オーガニックフラワーの普及活動です。

 

 

お花農家さんの肌荒れやぜんそくなどの健康被害を目の当たりにして、農薬を使わないオーガニックフラワーの必要性を強く感じられたそうです。

 

そんなお話をお聞きして頭に浮かんだのが…

 

「人にやさしいオーガニックフラワーと、天然草100%のフェアトレードのかごは絶対に合うはず!」

 

ということでした。

 

まこと先生にお願いして花器としてウィメンクラフトのかごを使っていただきたかったのですが、

 

「じゃあ、東京へ行くタイミングでワークショップをしよう。簡単な生け方を教えてあげるよ。」

 

という運びになったのでした。

 

 

とにかくご多忙な方なので、全国飛び回っていらっしゃる中、お時間をつくって下さいます。

 

とても貴重な機会ですので、お時間の合う方はぜひご参加ください。

 

こちらからお申込いただけます♪

 

 

「手編みかごにお花を咲かせるワークショップ@ond(オンド)」

コスモス日時:2017年11月9日(木) 10:30~13:30

コスモス会場:カフェond(オンド)
武蔵野市境南町3-2-13
(JR武蔵境駅nonowa出口から徒歩6分)

コスモス参加費:6,000円
【ランチ&1,000円相当のおみやげ、材料費込(かご:2,000円&お花:1,000円)】

*当日受付にてお支払い下さい。

コスモス定員:10名

コスモス講師:中島弘華 先生

ベルお申込→https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba780a24531739

 

 

 

キチェコ
東アフリカのフェアトレード雑貨屋
☆「キチェコ」はスワヒリ語で「笑い声」☆
 
 
代表: 星 智子 
東京都多摩市鶴牧3-2-735

ヒマワリ FB

虹 Shop
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Kicheko(キチェコ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。