今日は、きりん組が食育でおはぎを作りました。

 

 

 まずは、給食の先生からお彼岸についての話を聞きました。

天国にいるおじいちゃん、おばあちゃんに「いつも見守ってくれてありがとう」という気持ちを込めておはぎを作るということを教えてもらいました。その後に、おはぎの作り方の話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

始めに、ごはんをつぶしてお餅を作るところをしました。

みんなが出来るように自分たちで10回したら交代と約束をして、「いーち、にーい、さーん」と数えながら順番につぶしていきました。

 

 

 

 

 

 

つぶし終わったら、あんこを入れて丸める作業です。

あんこが上手に中に入らず、苦戦する姿も見られましたが「手をこんな形にしたら綺麗にまるめられるよ!」と助け合いながら作りました。

 

 

 

 

 

作ったおはぎは、午後のおやつで食べました。

今回の食育では楽しい体験ができ、とても満足した様子でした。

 

担当:永松