今日の絵画教室は、きれいな青い海を絵画して、その上を自分たちで造ったヨットを浮かばせて遊びました。

 

3階に上がるとブルーシートの上に真っ白い紙があり、

始まる前からドキドキ・わくわくしている子どもたち達でした。

 

 

グループに分かれた後に、

「青くて・大きいものってなんだろう?」

という、先生の問いにみんなで話をしながら考えました。

イメージをふくらます中で、「海」という言葉が子どもたちの中から上がり、

みんなで海をローラーを使って描きました。

 

 

きいろ→太陽に反射した時のキラキラ

白→波のあわ

をイメージしています。

 

次はヨット作り。

帆の部分と土台に模様を描きました。

 

 

海賊船やお花模様の素敵な帆を描きました。

 

次は割り箸にボンドを塗り、その帆を付けました。

少し苦戦していましたが、自分たちの力でできていました。

 

最後は絵画造形教室の先生に船につけてもらい、完成!!!

 

完成後は海にいるいろいろな生き物を描いて船を浮かばせて楽しみました。

 

 

どれも個性あふれる、一人ひとりの思いのつまった作品に仕上がっています。

園に飾ってある作品にぜひご覧下さい。

 

髙橋