子ども達が、何日も前から楽しみにしていた親子遠足。

天候にも恵まれ、快晴のなか楽しく活動ができました。

 

各クラスに分かれて自己紹介をした後、親子でゲームを楽しみました。

自己紹介では、それぞれ家庭で過ごしているなかで、子どもが夢中になっていることなどを紹介してもらいました。

 

自己紹介の後はクラスに分かれて活動をしました。

<りす組>

いつもとは違う雰囲気に少し戸惑っている様子でした。しかし、日頃行っている手遊び「トントントントンアンパンマン」が始まると、少し緊張もほぐれてきたようで手遊びをやってみようとしていました。「バスにのって」の触れ合い遊びでは、保護者の方の膝の上に乗り、リラックスした様子で右や左に体が傾くのを楽しんでいました。

 

<こあら組>

親子で協力するゲームを行いました。年間テーマ絵本である「ぐりとぐら」になりきって、木の実に見立てたボールをお父さんやお母さんと布に乗せて運びました。ぐりとぐらの帽子を被り、息を合わせて運ぶことができました。

 

<うさぎ組>

保護者と平均台を渡り、職員とじゃんけん勝負をして楽しみました。家庭同士でたくさんの交流ができ、楽しく元気に遊ぶ姿が見られました。

 

<きりん組>

オペレッタで取り組む「スイミー」を題材に魚釣りをしました。子ども達一人ひとりが作った魚だったので、「これ○○の魚だ!」と嬉しそうに釣っていました。

 

<ぞう組>

親子で協力をしてかさじぞうを運ぶゲームをしました。不安定なかさじぞうを倒す親子はほとんどおらず、みんな上手に運ぶことができました。

 

 

クラス活動後の子ども達がとても楽しみにしていたお弁当では、お互い見せ合いながら楽しく会話をして食べました。保護者の方も交流を深めることができたと思います。

 

 

 

暑い中でしたが、たくさんのご参加ありがとうございました。

 

担当:小揚・田川・柴田